2018年10月15日

ジェフ、アゥエイで3-1勝利

■■10.15 J2 第37節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs1●山形(えがおS)
[goal]千葉:12町田 45小島
   山形:54阪野(PK)

 ジェフ、ホーム山形戦は2-1辛勝。前半ジェフが2点取って、後半にPKで1点返され結果2-1辛勝。されど内容的にはジェフが押し気味で進めていたような展開。山形は少し守勢だったか、後半は終盤にかけて脅威を与えていたが、それまではさほど強みを感じさせていない。ジェフ久々に完勝な試合。
 特点は先制がコーナーキック起点での町田の珍しいヘッド弾。最後は中央どフリーで相手ゴールの右上隅に決めた。2点目は前半終了間際で相手ゴール前の混戦でエリア外、中央やや右からの小島のゴール前へのフィードがそのまま入り込んでラッキーゴール。攻守5人の足をスルスルくぐり抜ける珍しいゴールインのカタチ。2連勝。

 ジェフ千葉 次節は10/21日)15:00、大分戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
    指宿
   
 矢田  船山   町田
   (↓増嶋)(↓茶島)
   小島 熊谷
下平(↓工藤)     ゲリア
   エベルト 近藤
  
     大野
posted by nyony at 10:02| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

ジェフ、アゥエイで3-1勝利

■■10.07 J2 第36節_ジェフ千葉_結果■■
熊本●1vs3◯千葉(えがおS)
[goal]熊本:7鈴木
   千葉:45船山 62近藤 63指宿

 ジェフ、熊本戦は逆転での3-1勝ち。
 ジェフ先発は出場停止明けの熊谷が入ったほか、ディフェンスのゲリアとエベルトが久々の先発、トップが指宿に代わる。
 序盤は降格圏にあえぐ熊本の攻勢、7分にコーナーキックからの組み立てでポスト外側にいた鈴木がヘッドで合わせ先制。その後はジェフがボールは長めにキープするものの、熊本が決定機多く進行。が、前半終了間際でジェフの攻撃。左サイド、船山が一人でするするとエリア内まで持ち込んでポストぎわにシュート、これがインして同点に。後半は拮抗した展開も、17分にジェフ、コーナーキックからの混戦で最後は近藤が決めて逆転弾。さらに1分後、相手陣内での混雑を指宿がうまく処理してゴールゲットで3-1。あとはジェフいくぶん余裕の展開でいなし、久々の勝利。それにしてもホーム2連敗が痛すぎた。

 ジェフ千葉 次節は10/14(日)15:00、山形戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
    指宿
   
 矢田  船山   町田
    (↓工藤)(↓茶島)
   小島 熊谷
下平       ゲリア
   エベルト 近藤
  
     大野
posted by nyony at 10:55| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

ジェフ、またも0-1敗け

■■09.30 J2 第35節_ジェフ千葉_結果■■
愛媛◯1vs0●千葉(フクアリ)
[goal]愛媛:57藤本

 ジェフ、アゥエイ愛媛戦で0-1負けにて前節に続いて同スコアでの敗戦、そして連敗。
 相手の愛媛にはジェフ一筋だったベテラン岡本がレンタル移籍でキーパーについており、片やジェフの中盤小島は昨年まで愛媛でキャプテンをしていたという因縁めいた対戦。ジェフが終始ボールキープ、愛媛は守ってカウンターをきっちり貫いてしたたかに戦い愛媛がホーム戦を制した今節。
 ジェフはこの試合、トップの指宿を久々ラリベイに代えて先発。中盤底の熊谷が累積警告で欠場、代わりに佐藤勇人が入った。試合はジェフが押し気味に進め、当初からあまり不安感はなかったのだが前半までの点なく、後半に入り12分、愛媛の攻撃、左サイドからのクロスが走り込んでた藤本にミートして先制点に。ジェフ一寸のスキを狙われ失点。ジェフはその後、工藤、為田、そして少し時間をおいて清武と、攻撃のコマを次々投入で総攻撃。しかし得点までは遠く。かといってキーパー岡本のファインセーブの場面を招くよな効果的シュートもほとんどなく、終戦へ

 ジェフ千葉 次節は10/7(日)15:00、熊本戦@えがおS

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
   
 矢田  船山   町田
(↓為田)(↓工藤) 
   小島 佐藤勇
下平(↓清武)   茶島
    近藤 鳥海
  
     大野

posted by nyony at 09:33| 東京 ☔| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

ジェフ、横浜FCに惜敗

■■09.23 J2 第34節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●0vs1◯横浜FC(フクアリ)
[goal]横浜FC:61齋藤

 ジェフ、ホームに横浜FCを迎え0-1負け。前節ドローと合わせ、ホーム連戦で勝点は1と失速模様。今年はホームでの負けが目立つ。
 ジェフはこの試合、前節からスタメンは一人変わって、左シャドウ矢田に代わり為田が入った。ラッキーボーイと言われたキーパーの大野は先発4試合目。序盤こそ、横浜に押し込まれたものの、それ以降はジェフが持つ時間多く。それでもあまり前へは行けない時間帯も多く、しかしジェフのゴールチャンスもいくつかあった。全体としは膠着感ある前半。後半もややジェフペースで進むも、16分に横浜、前の強力な助っと2人、レアンドロドミンゲス&イバのお膳立ててで最後斎藤がこぼれ球を押し込んで先制。その後ジェフはラリベイ、矢田をつぎ込んで前線を強化するも点には至らなかった。元ジェフ田代を中心にした横浜バック陣の健闘光る。

 ジェフ千葉 次節は9/29(土)18:00、愛媛戦@ニンスタ

football-lab

順位表

千葉
     指宿
   
 為田  船山   町田
   (↓ラリベイ)(↓茶島)
   小島 熊谷
下平        溝渕
    近藤 鳥海(↓矢田) 
  
     大野
posted by nyony at 11:08| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

ジェフ、福岡と激闘の末、ドロー

■■09.16 J2 第33節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△3vs3△福岡(フクアリ)
[goal]千葉:15 49 82船山
   福岡:13鈴木惇 72吉本 90+3城後

 ジェフ、上位にいる福岡とホームで対戦し3-3ドロー。先制されて逆転し、最後はロスタイムに追いつかれての劇的な負け。相変わらず点の出入りの激しい試合。後半ロスタイムに試合が動くのも今年は多い。勝ちとの時の歓喜と負け、あるいは追いつかれた時の落胆の、印象の差が激し過ぎる。今節はそのショックな方の一つ。負けではないが勝ち点2逃しは大きい。苦しい

 ジェフはこのところスタメンが固定。序盤からいい感じにポゼッションできており、落ち着いて見ていられる進展だったが、福岡は少ないチャンスを効率的に得点につなげた。前半13分中盤の鈴木惇が鮮烈ミドル弾をつき刺しジェフのキーパー大野にプロ初失点を負わせた。しかしその直後にジェフの10番町田がPKを奪取、蹴るのは船山で相手キーパーに方向を読まれながらもゲットし同点。船山はこの日ハットトリック達成で目立つ活躍。前半はジェフペースで進行。後半は福岡の猛反撃にジェフ苦しめられるも後半37分までに勝ち越しに成功。しかし最後は福岡のレジェンド、城後が投入されると勢いがさらに増して、その城後が押し込んでロスタイムに同点にされる惨劇

 ジェフ千葉 次節は9/23(日)15:00、横浜FC戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
     指宿
   (↓ラリベイ)
 矢田  船山   町田
(↓為田)
   小島 熊谷
下平        溝渕
    近藤 鳥海 
  
     大野
posted by nyony at 10:32| 東京 🌁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

ジェフ、5試合ぶり勝利

■■09.01 J2 第30節_ジェフ千葉_結果■■
山口●0vs4◯千葉(みらスタ)
[goal]千葉:45+3船山 56町田 77指宿 90+6矢田

 ジェフ、今季好調の山口とのアゥエイ戦で4-0大勝。このところの連敗で停滞ムードふき飛ばす完封勝利。
 今節はメンツとフォーメーションがガラリとかわって、まずキーパーに大野がJ初スタメン、右サイドバックに久々のゲリア、ボランチに小島も久々登場。前列では町田が先発復帰も超久々、矢田もスタメンでは久々で船山トップ下の4−2−3−1 形。相手山口は監督が元ジェフのスタッフ霜田氏で、トップのオナイウも元ジェフで超おなじみ、あとキーパー藤嶋も元ジェフ。オナイウは前節ハットで脅威となるが、今節はジェフディフェンス陣がこれを抑えたのが影の勝因か。序盤からジェフが押し気味に進め前半ロスタイムに左サイドバック下平からのクロスを船山が中央どフリーでヘッドで合わせ先制。あとは後半11分、町田のゴールも下平から。2-0となり山口がようやく総攻撃開始で圧力を増したが、こうなるとスペースが空いてジェフオフェンス陣には好都合。32分に指宿が前節不発からようやくゴールを決めると、後半ロスタイムに矢田が抜け出して駄目押し決め合計4点の大量得点、しかもゼロ封の今季最高の一番に

 ジェフ千葉 次節は9/9(日)18:00、岡山戦@Cスタ

football-lab

順位表

千葉
     指宿
 矢田  船山   町田
   (↓ラリベイ)(↓サリーナス)
   小島 熊谷
下平         ゲリア
    近藤 鳥海 (↓茶島)
  
     大野

posted by nyony at 10:27| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

ジェフ、ホームでヴェルディに敗れ

■■08.25 J2 第30節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●2vs3◯東京V(フクアリ)
[goal]千葉:10下平 81矢田
  東京V:28佐藤優平 38奈良輪 72藤本

 ジェフ千葉、連敗。ベルディに2-3。ジェフ先制するも、3点取られ終盤へ、最後矢田のフリーキック直接ゴールで1点差に追い付くのが精一杯で、ベルディにシーズンダブル。ジェフは8月に勝ち星無しのドロ沼深み状態。
 ジェフ今節は指宿+ラリベイの2トップが復活、さらに熊谷+佐藤勇人のダブルボランチも復活で新布陣。序盤はジェフがいい感じ押しこめており、その勢いのまま、左サイドバック、下平の加入後初ゴールが生まれ先制。その後もいいい具合に優位に立てていたと思いきや、30分近くでカウンター気味の展開からベルディにファインゴール生まれる。サイドから中央への折り返しを佐藤優平がほぼフリーの状態でヘッドでクリーンヒットでゲット。さらに10分後にもゴールされ一気に逆転。後半はジェフ、ツインタワーを壊し復帰の町田を頭から投入。いい感じで攻め手保ててたと思ってたが、25分町田からの絶好のクロスに中央で合わせた指宿が決めきれず、直後にだめ押し弾決められ2点差。35分には、ジェフ途中出場の矢田が、フリーキックを直接沈めて1点差。さらに押せてる印象もありーの、しかしノーゴールで敗戦に

 ジェフ千葉 次節は9/1(土)19:00、山口戦@みらスタ

football-lab

順位表

千葉
    指宿 ラリベイ
 為田   (↓町田)船山
(↓矢田)   
    佐藤勇 熊谷
下平         溝渕
    近藤 鳥海 (↓茶島)
  
     佐藤優

posted by nyony at 10:38| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

ジェフが水戸に惜敗

■■08.18 J2 第28節_ジェフ千葉_結果■■
水戸◯1vs0●千葉(Ksスタ)
[goal]水戸:90伊藤涼

 ジェフ千葉、アゥエイ水戸戦で前節の劇的ドロー再現成らず。終了間際の失点で0-1敗戦。アゥエイ2連戦でせめてもの勝ち点2も奪えず後退ムード進行
 ジェフはこの日ハーフポジションに矢田が先発復帰で矢田のいる左サイドからの攻撃を主に仕掛けるも、元ジェフ指揮官、長谷部監督率いる水戸はやや守勢、しかしラインを下げずに慎重な交戦で対応。中盤でつばぜり合い続くも前半まで-0-0、後半に入っては互いにペースを握る時間帯ありながらフィニッシュきまらず、ジェフは終盤に久々復帰の町田、さらに今節ベンチスタートの工藤を投入、水戸は大型助っ人、バティスタが入り前線が活性化。そしてロスタイム突入の頃、決勝点は水戸に生まれる。中盤の伊藤涼太郎によるミドルシュートがゴールイン。その後ジェフの猛攻も実らず、あえなく敗戦

 ジェフ千葉 次節は8/25(土)18:00、東京V戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
     指宿 
 為田       船山
   矢田    茶島 
 (↓工藤)熊谷(↓町田)
下平        溝渕
(↓乾)近藤 鳥海
  
     佐藤優

posted by nyony at 10:38| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

ジェフが奇跡のPK3連弾でドロー

■■08.12 J2 第28節_ジェフ千葉_結果■■
町田△3vs3△千葉(町田)
[goal]町田:25OG 45平戸 64平戸
  千葉:75指宿(PK) 79船山(PK) 83船山(PK)

 ジェフ千葉、アゥエイ町田戦は3-3ドロー。町田が3点先行、後半30分からはジェフが8分間で続けざまにPKを奪取し、3-3に追いつくという奇跡的な展開。最後突き放せればの勢いもあったが、そこまで上手くはいかぬ。このところの連勝で2位につけ爆走ムードさ中の町田に一泡吹かせたが、ジェフとしてはそもそも3失点というのもひどい話。
 この試合ジェフは左サイドバックにマリノスからの新加入、下平(しもひら)がいきなり先発。あまり存在感を発揮できず仕舞いだったが、特に前半はチーム全体として町田にやられっぱなし。町田は上位にいるのも不思議ない、全員が走りまくって守備鉄壁。前線にテクニシャン揃えてオフェンスの脅威もある。ちょっと歯がたたぬ状況。ジェフは後半に入り、指宿と矢田が交代で入ってくるといくらか好機が生まれ、30分からのPK劇場につながった。船山の男前PK2発もなかなかの見せ場だった

 ジェフ千葉 次節は8/18(土)18:00、水戸戦@Ksスタ

football-lab

順位表

千葉
     ラリベイ 
 為田 (↓指宿) 船山
(↓乾)工藤  茶島 
 (↓矢田)熊谷
下平       溝渕
   近藤 鳥海
  
     佐藤優

posted by nyony at 10:33| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

ジェフ、首位松本に惜敗

■■08.04 J2 第27節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●2vs3◯松本(デンカS)
[goal]千葉:41船山 90指宿
  松本:45前田大然 52岩上 61岩間

 ジェフ千葉、前節時首位の松本を迎え2-3と惜しい闘い。
 今節はジェフ復帰加入まもない工藤の古巣で、船山もかつて活躍のチーム、松本が相手で、因縁めいた対戦。
 ジェフはボランチ熊谷が怪我なのか今季初でベンチスタート、その代わり佐藤勇人が入り、その前矢田と工藤が入りダブル司令塔の構成。前はラリベイとサイドに清武と船山で、個人的にはとても期待の持てる布陣。開けてみれば程よくポゼッションできており、ジェフが幾分押しムードに進む。ゴールはジェフが最初で前半の41分。右サイドバック溝淵からのクロスが相手のPKを呼び込んで、船山がゴールゲット。しかしそのあと前半終了間際に松本に同点弾決められる。お約束のハイラインの裏を取られ薄い所突かれるケース。後半に入ると松本が盛り返して逆転弾、ダメ押し弾を次々ゲット。松本はあまり良さそうに見えなかったのだが、したたかな攻めで一気に形成逆転。ジェフは途中出場の2人、為田のクロスに指宿がヒールで流し込んで1点差に追いつくもそこまで

 ジェフ千葉 次節は8/12(日)19:00、町田戦@町田

football-lab

順位表

千葉
     ラリベイ 
 清武       船山
(↓為田)矢田 工藤  
      佐藤勇
 乾   (↓茶島) 溝渕
(↓指宿)近藤 鳥海
  
     ロドリゲス
posted by nyony at 18:02| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

ジェフ、猛暑で辛勝

■■07.29 J2 第26節_ジェフ千葉_結果■■
新潟●0vs1◯千葉(デンカS)
[goal]新潟:9矢野
  千葉:7船山 84為田

 アゥエイ新潟戦で1-2勝利。内容的には新潟優勢、特に後半。こんなんでよく勝てたと思われる程押し込まれていたが結果的に勝点加算で2連勝
 試合はジェフが序盤で先制。このところ左ウイング定着の為田からのクロスで、ゴール前ポカンとフリーで船山が押し込んだ。しかし直後に新潟の鮮やかカウンター、[元祖]田中達也が右サイドを駆って中央、矢野貴章にピンポイントで簡単に同点弾。ベテランとは思えないほどの高速ゲットで同点。その後は前半は拮抗、後半からはジェフ徐々に息切れ。新潟の得点ムード満載になるも、前節の決勝点男、為田が40分に相手のミスっぽいボールを一人持ち上がってそのままゴールインさせ、2試合連続の決勝点。その後は危なっかしさたっぷりだけど守りきって、勝ち点持ち帰りに成功。

 ジェフ千葉 次節は8/4(土)18:00、松本戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
     指宿 
 為田(↓ラリベイ)船山
   工藤  茶島
  (↓矢田)熊谷
乾    (↓佐藤勇)山本
    近藤 鳥海
  
     ロドリゲス
posted by nyony at 12:21| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

ジェフ3連敗。讃岐にアゥエイ敗戦

■■07.21 J2 第24節_ジェフ千葉_結果■■
讃岐◯2vs1●千葉(ピカスタ)
[goal]讃岐:19原 49重松
  千葉:56ラリベイ

 連敗中のチーム対決、ホームの讃岐が2-1辛勝。ジェフ千葉は泥沼のリーグ戦3連敗。
 千葉はエスナイデル監督が前節の審判への抗議で4試合ベンチ入り出来ずでギジェルモコーチが指揮。布陣も小入れ変えで右サイドバックに鳥海起用、茶島が前めに。あとは小島がボランチで先発。試合開始からスコールのような強雨に見舞われたピカスタ。徐々に雨が弱まると先制したのはホーム讃岐でカウンター気味のパスワークから原がゴール。讃岐はこのところ大量失点が続いており、特にディフェンシブを徹底。その点ジェフが押し気味となるが、裏を突かれる場面も多く、讃岐はこの先制点と後半の頭でもうまく攻めて2点目ゲット。ジェフはその直後にラリベイの技ありボレーで1点差に追い付くゴール。ラリベイはこのところ点を量産しているがなんせ報われない。ジェフはチームに7期ぶり復帰の工藤が途中出場。中盤分厚く攻め込むも、讃岐守備が堅く、同点までいけなかった

 ジェフ千葉 次節は25日(水)19:00、甲府戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
     ラリベイ 
 為田   船山
     (↓清武)  茶島
    小島  熊谷(↓工藤)
乾(↓指宿)    鳥海
    増嶋 近藤
  
     佐藤優

posted by nyony at 09:32| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

ジェフ連敗。金沢に逆転負け

■■07.15 J2 第23節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●3vs4◯金沢(フクアリ)
[goal]千葉:45ラリベイ 50エベルト 55増嶋
  金沢:13宮崎 74OG 76 90マラニョン

 ホームで2連敗と危機的状況。
 今節は金沢に先制許すも、セットプレーで3点もぎとって一時は3-1優勢、その後3点、うちラストはロスタイム失点で逆転負け。だいぶ痛みの大きな試合。
 ジェフ、面子はウィークデイ開催の天皇杯神戸戦での布陣がベースで3バック態勢。キーパーはリーグ戦では久々先発の佐藤優也。前半はジェフいいところなく、というか、天皇杯1-6敗けでその布陣に近いという先入観もあってかダメな試合運びで、早々に先制点奪われる。その後4バックに入れ替え、バックの岡野を山本に代え、右サイドからの攻撃をやや強める。前半ラストでコーナーキックからラリベイが同点弾を入れ後半へ。そこから、それまでがウソのような押せ押せのジェフペースに転じ、コーナーキックからヘッド弾2発で3-1に。金沢は矢継ぎ早で3人選手交代で前を活性化すると、まずはオウンゴールで1点返され、続けて途中出場マラニョンに同点弾くらう。そしてロスタイム、逆転弾被弾の悲劇的終幕

 ジェフ千葉 次節は21日(土)18:00、讃岐戦@ピカスタ

football-lab

順位表

千葉
     ラリベイ 
 為田      船山
         
   小島  熊谷
乾           茶島
 エベルト 増嶋 岡野(↓サリーナス)
(↓近藤)   (↓山本)
     佐藤優

posted by nyony at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

ジェフ、大宮にお礼参りされる

■■07.07 J2 第22節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●1vs3◯大宮(フクアリ)
[goal]千葉:10ラリベイ
  大宮:30マテウス 69富山 71大前

 J2今季後半戦突入でジェフ千葉、ホームに大宮迎え逆転負け。スコア1-3は今季の1回目の大宮戦で敵地1-0勝利を倍返しされたカタチ。ホームで強いはずのジェフが今季は負けことしばしばで不調続く
 今節ジェフは左サイドバック高木が移籍退団でケガから復帰の乾が同位置で初スタメン。序盤でラリベイがゴール。これは前節栃木戦といっしょ。前節はこれを守り切っての1-0勝利だったが、相手が大宮となるとそうもいかん。前半までに同点にされ、後半さらに2点取られ都合1-3と惨敗おわりに。
 ジェフは後半からボランチの矢田が、負傷か何かで小島と交代。これでゲームが作れなくなった。久々清武登場で期待するも全体として攻撃が回転しなかった。フル出場となった乾はスルスルと持ち上がって惜しいシュートを放った。高木の穴埋めにはなっていると思われるし、乾がいるから高木は移籍を決断したのだろうと想像

 ジェフ千葉 次節は15日(日)18:00、金沢戦@フクアリ
 その前に天皇杯11日(水)19:00、神戸戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
   ラリベイ 指宿
 為田   (↓清武)船山
         
   矢田  熊谷
乾(↓小島)    茶島
    増嶋 近藤(↓山本)
  
     ロドリゲス

posted by nyony at 11:31| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

ジェフ、敵地で辛勝

■■06.30 J2 第21節_ジェフ千葉_結果■■
栃木●0vs1◯千葉(栃木グ)
[goal]千葉:7ラリベイ
18.0701jef.jpg

 ジェフ千葉、鬼門のアゥエイで1-0勝利。相手の栃木はこのところ運なく9試合勝ちなしで来ており、今節でまた敗戦し7連敗と絶不調。そんな相手に救われて、ジェフは前半序盤で先制、後半は栃木の猛攻が続いたところ、フィニッシュの精度も悪く、なんとかギリギリ勝てた試合。
 先制点にて決勝点はラリベイで、右サイド茶島からの深い位置からのクロスに合わたヘディングシュート。ジェフの得意パターンでのゴールだったが、その後はあまり良くない。栃木に押し込まれすぎ。失点なかったのが不思議なくらいの印象。
 栃木ホームスタジアムに初めて行ったが、わり小さめサッカー専用のスタジアムで、見やすさは満点。宇都宮駅からシャトルバスだが、帰りは渋滞に巻き込まれ30分ごえの難ルート

 ジェフ千葉 次節は7/7(土)18:00、大宮戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
   ラリベイ 指宿
 為田   (↓岡野)船山
         
   矢田  熊谷
高木(↓山本)    茶島
(↓乾) 増嶋 近藤
  
     ロドリゲス
posted by nyony at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

ジェフ戦、天国から地獄

■■06.23 J2 第20節_ジェフ千葉_結果■■
松本◯4vs2●千葉(松本)
[goal]松本:43岩上 59前田大 61前田直 80パウリーニョ
  千葉:11OG 25船山

 ジェフ千葉、アゥエイ松本戦は大逆転劇の末、2-4敗け。
 ジェフがオウンゴールと船山ゴールで頭25分までに2点先行。その後も押し気味。何かゆったりと余裕ある構えでゲームを進めていたゆえ、苦手アゥエイで少し安心して見れてるな、、前半終わりで1点返されたけど今日は大丈夫かな、、と思いきや、後半のフタを開けてみれば、松本怒涛のゴールラッシュで撃沈。前半ジェフ好調の時間帯で可能にみえた追加点、取れずにいなしていたのがここで響く。すべては反町松本の術中か。やられた感がつよい

 ジェフ千葉 次節は30(土)19:00、栃木戦@栃木グ

football-lab

順位表

千葉
   ラリベイ 指宿
 為田         船山
(↓乾)      (↓サリーナス)
   矢田  熊谷
高木         茶島
     増嶋 近藤(↓ゲリア)
  
     ロドリゲス
posted by nyony at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

ジェフ支配率高くとも敗戦

■■06.16 J2 第19節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs1●愛媛(フクアリ)
[goal]千葉:41高木 60ラリベイ
  愛媛:90+1神田

 ジェフ千葉、愛媛を迎えてのホーム戦は2-1辛勝。2点先行してたのを終盤ロスタイムに1点返されギリギリ勝利に。
 今節はジェフ生え抜きの選手でレンタルで愛媛に出ているGK岡本がジェフのホーム、フクアリに対戦相手としてお目見えが目玉。それと2年前までジェフにいた小池もスタメン。それなりに2人とも存在感発揮した試合に。岡本が目立ってたってことはジェフに好機が多かったってことで、ジェフが割合優位に進めていた。難産ではあったものの複数点を奪取。先制は前半の終わり付近で左サイドバックの高木が、フリーキックからの流れで相手ゴール前に侵攻しゴールゲット。2点目は後半15分、ジェフのツインタワー、指宿とラリベイのコンビでの得点。どちらもファインゴール。そしてどちらもキーパー岡本の指先を越えポストに吸い込まれたボール。
 あとは、昨シーズン終わりにケガで長期離脱していたジェフのディフェンダー、乾が途中出場で今季初ピッチに。今後は今節ゴールで上がり調子の高木とのレギュラー争いが勃発と

 ジェフ千葉 次節は23(土)18:00、松本戦@松本

football-lab

順位表

千葉
   ラリベイ 指宿
 為田    (↓清武) 船山
(↓乾)
   佐藤勇  熊谷
高木(↓矢田)    溝渕
     増嶋 近藤
  
     ロドリゲス
posted by nyony at 12:48| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

ジェフ支配率高くとも敗戦

■■06.10 J2 第18節_ジェフ千葉_結果■■
山形◯2vs1●千葉(NDスタ)
[goal]山形:22 56阪野
  千葉:81ラリベイ

 ジェフ千葉、アゥエイ山形戦は、堅実な相手の戦術にハマり敗戦。山形はホームチームでありながらも、まずは守って手法。攻め手重視の千葉に対しては、前線のスペースはあるわけで、まずはしのいで、そこをつけ込んで素早く効率よく得点する。そんなのが、うまくハマったのが山形。センターFWの阪野が前後半でゴールし2ゴール。ジェフはボール支配しつづけながら、ある程度フィニッシュ近くまではイケてたし、点取られてもなんとなくいける雰囲気もあった。これは最後まで。結果的に取れたのは、途中出場、為田からのクロスに頭ひとつ抜けだしてヘッドで仕留めた終盤のラリベイの1点のみ。山形のセンターバックはかつてジェフの選手で先発をなかなか勝ち取れなかった栗山選手、そして木山監督も元ジェフ

 ジェフ千葉 次節は16(土)18:00、愛媛戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
   ラリベイ 指宿
     船山  
  矢田(↓清武)サリーナス
      熊谷
高木          山本
(↓為田)増嶋 近藤(↓溝渕)
  
     ロドリゲス
posted by nyony at 10:08| 東京 ☔| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

ジェフ、上位山口にドロー

■■06.02 J2 第17節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△2vs2△山口(フクアリ)
[goal]千葉:16 38指宿
  山口:32オナイウ 90+4前

 ジェフ千葉、今シーズン開幕ダッシュに成功してる山口との対戦は、2-1で終了の間際に追いつかれ痛恨のドローで勝点2を逃す結果。
 相手の山口は元ジェフのフロントにいた霜田氏が監督で、今季攻撃サッカーをかかげて見事に好調に導いてる難敵で、下馬評通りの両者ハイプレスで果敢に攻撃仕掛けるアグレッシブな戦いで好試合が展開。これで勝ててれば観後感スッキリだったが、そうはいかぬ結末。
 ジェフ先発は前節と同じでラリベイと指宿のツインタワー。その指宿が先制、16分に左サイド、高木のクロスに頭2つ抜け出してピタリとヘッドで合わせて鮮やかにゲットゴール。このゴールで試合は落ち着いたが、その後なんと2シーズン前までジェフにいたオナイウに同点弾決められ1-1。しかし、その後に指宿が2点目入れ突き離しに成功。指宿はJ初の1試合2ゴール。後半に入って、徐々に山口に押される展開に、終盤になるに連れさらに圧力は強まり、ロスタイムにとうとう取られてドロー。押されに押されて耐え切れずに勝点1止まり

 ジェフ千葉 次節は10日(日)14:00、山形戦@NDスタ
  その前に6日(水)19:00、天皇杯 青森戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
   ラリベイ 指宿
矢田 (↓鳥海)  山本
      船山 (↓サリーナス)
       熊谷
高木          茶島
    増嶋  近藤(↓ゲリア)
  
     ロドリゲス
posted by nyony at 08:12| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

ジェフ久々快勝

■■05.27 J2 第16節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯3vs1●熊本(フクアリ)
[goal]千葉:34増嶋 49ラリベイ 88サリーナス
  熊本:13アン
18.0527jef.jpg

 ジェフ、ホームで熊本に3-1で勝利し3試合ぶりの勝ち。1点を先行され逆転し、スコアとしては2点差ついての快勝だが、内容的には低調気味。相手熊本は守備固め&カウンターを徹底しており、攻めあぐねのジェフは単調なオフェンスを繰り返す展開。熊本の攻撃陣は先制点取ったアンビョンジュンしかり、途中出場の巻もしかり、元ジェフでしかもどちらも愛された選手でなんとも言えぬメランコリーな感覚ただよう空気感。個人的には期待してた左サイドの2人、高木と矢田がそれほどのパフォーマンスを見せきれず、今や王様のように中央で玉さばきする船山だが、何とも言えない物足りなさは残る。それでも増嶋、サリーナスとジェフ入り後初ゴールの2つのメモリアル産んで快勝結果のホーム戦。これが来節続くかが運命の分かれ目

 ジェフ千葉 次節は6/2(土)17:00、山口戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ   指宿
 矢田(↓サリーナス)(↓清武)山本
(↓鳥海)   船山
        熊谷
高木              茶島
      増嶋   近藤
  
       ロドリゲス
posted by nyony at 10:10| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

ジェフがホームで敗戦

■■05.12 J2 第14節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●1vs2◯新潟(フクアリ)
[goal]千葉:21ラリベイ
  新潟:67 75渡邉

 ジェフ、ホームに新潟を迎え逆転で敗戦。
 前半早々に10番町田が相手との接触で傷み清武と交代。システムを小変更すると、20分、右サイドバック高木の突破から、ラリベイのヘッド弾を呼び込みジェフ先制。その後もうまくゲームを進め1-0での折返し。しかし後半からは新潟にペースを握られ、20分に同点弾を入れられると、その8分後にも点を入れられ逆転。その後ジェフはセンターバックの近藤をあげるなどでパワープレー化するも、ペース握れずあえなく敗戦へ。

 ジェフ千葉 次節は5/20日(日)14:00、横浜FC戦@ニッパツst

football-lab

順位表

千葉
     ラリベイ
 為田        船山
(↓小島)矢田  町田
      熊谷(↓清武)
高木  (↓佐藤勇)  茶島
    増嶋  近藤
  
     佐藤優
posted by nyony at 09:43| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

ジェフがアゥエイ初勝利

■■05.06 J2 第13節_ジェフ千葉_結果■■
大宮●0vs1◯千葉(NACK5)
[goal]千葉:60小島
18.0506omiya-jef.jpg

 ジェフ、今期アゥエイ初勝利。相手の大宮は前節まで3連勝と波に乗っていたが、ジェフは虎の子1点を守りきっての撃破。ジェフはターンオーバーでまたも布陣を刷新、ラリベイがトップに戻り、船山が外れ、前目専門の選手が少ない、どちらかというと守備基調の布陣。ジェフが守りに徹した為か、相手にボールを保持される時間が長く、試合としてはつまらなかった、という見方も出来るが、面白ければ勝てるわけではないのがエスナイデル・ジェフの常。鬼門のアゥエイを乗り切れば、上位進出が見えてくる。
 前半は防戦一方で、相手ゴールインもファールやらなんやらで2度ほどノーゴールとなるラッキーさ。後半に入り15分、ジェフ左サイド矢田の持ち上がりから、サリーナスを経由して、ゴール前にいた小島が押し込んでゴール。ジェフ加入後初得点。ジェフは矢田の攻撃参加が可能性を感じるこの頃。バルサで言えばラキティッチ的な万能ぶりを示して中心選手と化している。そしてラスト付近は大宮の一方的な攻めの展開で、無失点に抑えられたのが奇跡な位のぶん殴られようだったが何とか踏ん張った。今節はこれまで目立てなかった小島というニューヒーローが現れて、勝ちを拾った

 ジェフ千葉 次節は5/12(土)15:00、新潟戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
     ラリベイ
  矢田(↓指宿)茶島
(↓エベルト)    
    熊谷  小島
サリーナス       山本
   増嶋 近藤 鳥海(↓船山)
  
     ロドリゲス
posted by nyony at 11:22| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

ジェフが上位 岡山を撃破

■■05.03 J2 第12節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯1vs0●岡山(フクアリ)
[goal]千葉:56船山

 ホームで強いジェフが今季絶好調の岡山を迎え1-0辛勝。後半飛び出した船山の渋い一発のみで逃げ切ったカタチとはなったが、内容的には今季のジェフの試合随一の濃ゆい内容。強い相手に攻め込まれること少なく、インテリジェンス溢れる連係で相手を終始いなす展開。連休の高密度日程により布陣はガラリと入れ替わって、サイドバックにサリーナスと茶島を当て、トップ指宿、為田+船山の2シャドウ。相手岡山に対策された並びらしいが、これがピタリハマった。いつもは浮きぎみ茶島も右サイドで町田+船山と旨くからんで攻撃参加。結果船山のクロスがゴールインしたかたちの渋い1点のみとなったが、守りは完璧に近い。「強いチーム」との印象植えつけた

 ジェフ千葉 次節は5/6(日)16:00、大宮戦@NACK5

football-lab

順位表

千葉
     指宿
  為田(↓ラリベイ)船山 
(↓エベルト)矢田 町田(↓清武)
      熊谷
サリーナス     茶島
    増嶋  近藤
  
      佐藤優
posted by nyony at 09:51| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

終了直前ゴールでジェフ追いつく

■■04.28 J2 第11節_ジェフ千葉_結果■■
甲府△1vs1△千葉(中銀スタ)
[goal]甲府:5ジュニオール・バホス
  千葉:95近藤

 ジェフが今季アゥエイ初勝点1ゲットの甲府戦。近藤の劇的なロスタイム弾により辛くも1-1ドローおわり。ジェフとしては最低限の結果となったが、逆に甲府は未だホーム未勝利と、下位チーム同士の寂しいせめぎあい
 今節はジェフは前節からメンバーを大幅に入れ替え、前線にラリベイあるいは指宿がいない、清武と船山の2トップ、サリーナス先発起用と奇策な布陣。一方甲府もメンバーチェンジで元ジェフ田中佑昌が久々先発と。
 序盤に甲府が先制、この優位を守ろうと慎重になったか甲府は、あまり攻めてこない構え、こうなるとジェフはボール保持しようにも出しどころが無く、無駄なパスを奪われカウンターの悪夢が蘇るが、それほどのパワーを甲府は持ちあわせていない。前線の外人部隊頼みの形勢。したがって試合としては低調。ジェフ期待の清武&船山に新2トップも回転せず、あいかわらず茶島もフィットしていない。後半に入り、ジェフの攻撃陣、指宿、矢田、為田が入ってようやく可能性が見えてきたが、点奪取は終盤も終盤、4分のロスタイム3分経過のホイッスルギリギリ。センターバック近藤が攻撃参加の指示を監督が与え、それが的中のカタチと、結果的にはなった

 ジェフ千葉 次節は5/3(木)13:00、岡山戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
  清武  船山 
(↓指宿)
サリーナス    茶島
  小島   町田(↓為田)
    熊谷(↓矢田) 
 増嶋  近藤  鳥海
  
    ロドリゲス
posted by nyony at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

ジェフが無敗 町田を破る

■■04.15 J2 第09節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯3vs2●町田(フクアリ)
[goal]千葉:57エベルト 65町田 80船山
  町田:26 83ロメロ フランク

 ジェフがようやく勝利。相手は今季負けなしの好調町田。全体としてはジェフが押しムードで、大量得点の匂いもあったが、そこは鉄壁の守りを誇る町田。最後まで崩れず、終盤にはジェフに1点差に迫る得点をあげ、最後までハラハラの展開。激しい攻防の展開でおもろい試合。好調なチームが相手だとジェフのオフェンスが躍動するスペースがあってやりやすい
 ジェフはこの試合、前節からスタメンを大きく変え、センターバックに岡野が今季初スタメン。サイドバックに両外人助っ人が入るなどでディフェンスが刷新。前線では調子をあげてる船山が連続のスタメンと矢田が久々先発。ジェフと同じくハイラインを掲げる町田。両者前のめりな展開で序盤から大きく攻守が動く展開。しかし26分に町田、ロメロフランクが先制点をあげると、少しまったりと進行。後半に入りジェフは陣形を変え、船山が左サイドへ位置し町田と対角、守りは3バックに移行。すると、ジェフの波状攻撃が進み、コーナーキックからエベルトがヘッド弾で今季2点目、さらに町田のポスト至近からシュート、一度は跳ね返されたが続けてのシュートがゴールインで逆転。執念のゴールで沸くフクアリ。さらに船山がダメ押し、クロスとみせかけてのミドルシュートがゴールインしムードは押せ押せ。しかしここから町田、前説も終盤に追い付き負け無しが続く意地を見せつけ、38分にロメロフランクが2点目をあげて、1点差にすると、最後ジェフのキーパー佐藤が傷んだり、DF岡野が足つったりでじりじりと進行。なんとか時計を進めて反撃を阻止し今季3勝目

 ジェフ千葉 次節は4/22日(日)13:00、福岡戦@レベスタ

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
  矢田  船山  町田
    (↓増嶋)茶島
    熊谷(↓小島)
エベルト      ゲリア
    岡野 近藤
  (↓溝渕)
     佐藤優
posted by nyony at 08:38| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

ジェフ、金沢崩せず連敗

■■04.08 J2 第08節_ジェフ千葉_結果■■
金沢◯3vs1●千葉(石川西部)
[goal]金沢:57垣田 58清原 78マラニョン
  千葉:46船山

 ジェフがアゥエイ連戦で連敗、前節大分4-0につづいての3-1敗け。ジェフ船山の後半開始開け直後の先制弾までは良かったが、その10分後に前節のジェフのキーパーのミスに続く、ディフェンスとの連携が少しくるって同点弾許しなおもその後1分経たずに追加点を奪われる参事で一気に逆転。これで試合のムードも一転し、駄目押し点をもくらって3-1。
 前節の大分とは違い、がんがん攻めに来てくれるだけで攻めやすい相手のはずだっのだが、ジェフはポゼッションは多くてもシュートまではたどりつけない進行。今季2回目先発の船山が少し希望を見せていたのだが、2点目とは行かず、アゥエイ敗戦病が今季も発症

 ジェフ千葉 次節は4/15(日)15:00、町田戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
  為田    船山
(↓ゲリア)茶島 町田
     熊谷
溝渕 (↓小島)  山本
    近藤 鳥海(↓矢田)
       
     佐藤優
posted by nyony at 09:42| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

ジェフがまたも大敗

■■04.01 J2 第07節_ジェフ千葉_結果■■
大分◯4vs0●千葉(大銀ド)
[goal]大分:19林 64星 67清本 89川西

 圧倒的勝率を誇っていた大分に0-4大敗のジェフ。大分は固く守り抜いてすきあらばカウンターのはっきりした戦法で、スキがありすぎたジェフから、特に後半は面白いように点を奪って3連勝を達成。順位も3位浮上と好調を保つ結果。堅い守りある意味じらされたジェフは前半19分のGKロドリゲスのバックパス空振りという間抜けなエラーで先制点を奪われ、いきなり劣勢に立たされ、後半は為田&矢田をつぎ込んで打開をはかろうとするも、ますます閉じこもってスキを与えない大分を攻めあぐね。ジェフ陣内は前がかりになってる分スキだらけで、カウンター喰らいまくり。こんな風景はよくあること。点を取られたらそれ以上に取り返せばいいだけ、だけど。今節の大分には歯が立たなかった。

 ジェフ千葉 次節は4/8(日)14:00、金沢戦@石川西部

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
  茶島    町田
(↓指宿)
杉山        溝渕
(↓矢田)熊谷 佐藤勇
       (↓為田)
 エベルト 近藤 鳥海
       
    ロドリゲス
posted by nyony at 09:36| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

ジェフが今季初連勝〉

■■03.25 J2 第06節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs0●京都(フクアリ)
[goal]千葉:24エベルト 27熊谷

 京都をホームに迎え、2-0快勝。前半24分に先制、その3分後に2点目を入れ、得点は以上で2-0。
 ジェフ、今節は前節とシステムそのまま3センターバックで、サイドバックが中段にワイドに構える布陣。メンバーは4人変更、トップはラリベイがお休みで指宿が入った。序盤からジェフのペースで立ち上がり、途中、清武が負傷退場に見舞われるが、その直後に右サイド、溝渕のクロスにディフェンダーのエベルトがフリーでヘッド弾をぶち込んで先制、さらに3分後はフリーキックからのこぼれを熊谷が押し込んで2点目。熊谷はジェフ加入後初得点。同じく熊谷とボランチコンビを前節の佐藤勇人から引きついだ茶島は今節よく画面映りしていた。中断でのつなぎで活躍。その後ジェフは体力温存モードに入り、後半に入り京都が息を吹き返したが、なんとか堪えて無失点に抑えて連勝達成

 ジェフ千葉 次節は4/1(日)14:00、大分戦@大銀ド

livedoor/a>

football-lab

順位表

千葉
    指宿
  清武    船山
(↓為田)
杉山        溝渕
(↓矢田)熊谷 茶島
      
 エベルト 近藤 鳥海
       (↓ゲリア)
    ロドリゲス
posted by nyony at 08:04| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

ジェフがドバドバ、今季初勝利

■■03.21 J2 第05節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯6vs1●讃岐(フクアリ)
[goal]千葉:19高木 64清武 68船山 82茶島 86ラリベイ 88山本
  讃岐:90+3我那覇

 ジェフ開幕5戦目にして初勝利。相手は讃岐で6-1爆勝。右サイドバック高木が今節活躍でそぼ降る雨の寒空を吹き飛ばす大勝利をもたらした
 ジェフは今節、前節からスタメン6人入れ替える大ナタでシステムも3バック、2アンカーに変更。いつもサイドバック2人は大きく前にせり出した布陣、センターバックに近藤が戻り、佐藤勇人も初スタメン。そして去年の中心人物、清武&船山揃って初スタメン。序盤でジェフ左サイドの高木にゴールが生まれるも、ラリベイがオフサイドの位置いたことでノーゴールとなる不運、しかしその10分後にはコーナーキックから高木がヘッドで合わせリベンジゴール。前半はここまで。後半はコーナーキックからのこぼれを清武が押し込んで2点目。その後はジェフのゴールラッシュで都合6点。最後、選手交代3人後で高木が疲労でピッチを退くと、讃岐のFW我那覇に1点返され終幕。今季初でんぐり。
 近藤復活、熊谷と佐藤勇人による2アンカーで守りが落ち着き、サイドの高木と山本が躍動して、前の飢えた狼3人の覚醒を促した、初めて歯車噛み合った今節

 ジェフ千葉 次節は3/25(日)14:00、京都戦@フクアリ

livedoor/a>

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
  清武    船山
(↓為田)
高木        山本
   熊谷 佐藤勇
  (↓矢田)(↓茶島)    
 エベルト 近藤 鳥海
       
    ロドリゲス
posted by nyony at 08:21| 東京 ☔| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

ジェフ、大敗連敗

■■03.17 J2 第04節_ジェフ千葉_結果■■
徳島◯4vs1●千葉(鳴門大塚)
[goal]徳島:16呉屋 45杉本 74シシーニョ 89島屋
  千葉:30指宿

 ジェフ開幕4戦目で未だ勝ちなしの非常事態。今節はなんとなく相性悪めのアゥエイ徳島戦で1-4激負の惨劇。序盤で今シーズン初スタメン、右サイドバックの溝渕がエリア内でハンドでゴール阻止し、PK&レッド退場と今季初戦ヴェルディ戦の二の舞ような展開で、PKで先制された後、意外なジェフの優勢の時間帯が訪れ、今シーズン初スタメン1トップ指宿の同点弾が生まれる。これもヴェルディ戦と同じだが、その後は違った。前半までに逆転されると、後半はもう終盤になるにつれ、ジェフ側息も絶え絶えな状況、後半失点2点で抑えられたのが奇跡なくらいな攻め込まれようで、都合4失点。後半は早いうちからルーキー杉山、船山、ラリベイとオフェンス陣が順に刷新されたのだが、効果的ではなかった。結果1-4負けで連敗。今シーズン4試合終了時点で勝ち点「1」と危機的状況

 ジェフ千葉 次節は3/21(水)14:00、讃岐戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
     指宿
 矢田(↓ラリベイ)町田
(↓船山)  
   茶島   小島
 (↓杉山)熊谷 
高木        溝渕
  エベルト 増嶋
       
    ロドリゲス
posted by nyony at 09:57| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

ジェフ、打ち合いの末に敗れる

■■03.11 J2 第03節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●2vs3◯岐阜(フクアリ)
[goal]千葉:25茶島 79清武
  岐阜:34田中 58永島 90風間

 ジェフ開幕3戦目はホームで岐阜戦は2-3競り負け。昨年ホームで敗れた相手に今年も同じ敗戦。敗れはしたもの、試合自体は少々大味だが攻撃の場面多くオモロイ試合だったのでは。ジェフは猛攻、波状攻撃なシーンも多く見所盛りだくさん。しかし敗れてしまっては面白みは飛び消える
 ジェフはこの試合、前節からディフェンスに増嶋が戻ってエベルトとセンターバックのコンビ。序盤は岐阜にボール保持されるも、徐々にジェフがゲーム支配。25分には中央から今期新加入、茶島がファインゴールを決める。ジェフでの初ゴール。しかしこのゴールで安心感出たか、徐々にプレスが弱まり、押されるシーンが散見。ジェフ先制から9分後にカウンターから左右に振られてゴールされる。シンプルすぎる攻撃でがら空きゴールに押し込まれ同点に。後半はその勢いで岐阜のシンプルな崩しで13分に逆転ゴール許し1-2。ジェフは清武、船山、指宿と順に投入し攻撃陣を活性化し、34分に清武のダイビングヘッド弾でのゴールゲットを呼ぶ。しかしロスタイム直前に勝ち越し弾を撃たれ敗戦。観客サービスのようなスーパーサッカー、岐阜に美味しいところ取られた

 ジェフ千葉 次節は3/17(土)14:00、徳島戦@鳴門大塚

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
 為田     町田
(↓清武)  (↓船山)
  矢田  茶島
 (↓指宿)熊谷 
高木        山本
  エベルト 増嶋
       
    ロドリゲス
posted by nyony at 10:10| 東京 ☀| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

ジェフ、堅守水戸の壁を崩せず

■■03.04 J2 第02節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△0vs0△水戸(フクアリ)
18.0304jef.jpg

 J2開幕2戦目でジェフのホーム初戦は昨季までジェフのコーチ、長谷部監督率いる水戸が相手で0-0ドロー。水戸は今シーズン主力の引き抜きで戦力ダウンが言われてたチームだったが初戦で山形に3-0勝利し不気味な相手。しかも監督は一時期ジェフの監督もしてたジェフに精通した長谷部監督。
 審判の衣装替えという前代未聞のトラブルで10分遅れで試合開始。ジェフは今節はセンターバックに新助っ人エベルトが入り前節Jデビューの鳥海とのセット。序盤からジェフのボール保持が続くがコアなところは水戸守備陣が人数かけて固めており難攻不落な様相。水戸は屈強そうな外人フォワードがトップに構えており、そこにボール集め素早く前線に人数かけるカウンター戦法。なかなかの迫力ある攻撃でジェフ陣内を攻め上がるが、そこはエベルトと今季からの守護神ロドリゲスが安定した守備でほころびはなかった。前半ラストにはジェフ監督エスナイデルが審判への反抗で退場。
 0-0で後半に入り、ジェフは為田に代え清武を今季初出場させ、またトップに指宿を加えシステム変更。指宿は得点が欲しい展開で必ず投入させる昨季よりの定型事項。最後は水戸にフタをされて得点できずしまい
 フクアリ初戦で、ホームゴール裏応援が1階は緑2階が黄色の小旗振りに刷新されて見た目迫力を感じるスタンド。入場者11000人超えでまあまあの入りだったが、勝利に届かず

 ジェフ千葉 次節は3/11(日)14:00、岐阜戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
 為田     町田
(↓清武)
  矢田  茶島
    熊谷(↓小島) 
高木        山本
  エベルト 鳥海(↓指宿)
       
    ロドリゲス
posted by nyony at 10:55| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

ジェフ、開幕戦はアゥエイで黒星

■■02.25 J2 第01節_ジェフ千葉_結果■■
東京V◯1vs2●千葉(味スタ)
[goal]東京V:48' ドウグラス・ヴィエイラ 90畠中
  千葉:86ラリベイ
18.0225jef.jpg

 J2開幕でジェフ初戦ヴェルディ戦は1-2敗戦。後半開始直後に失点、終盤にラリベイ弾で同点とするも、ロスタイム際で1点勝ち越されて負けに。
 ジェフの初戦、先発はラリベイ1トップ、以下シャドウに為田と町田、2列めは矢田と広島からのレンタル加入の茶島、ボランチ熊谷に、ディフェンス左は山形からの新加入 高木、センターにレンタル加入の増嶋とキャプテン近藤、右は山本。
 ジェフ千葉、昨季終盤、怒涛の7連勝でシーズン終了後も戦力維持に成功、さらに要所の補強にも成功で、軒並み今シーズンのJ2優勝候補にもあげられるなどで期待高まるムードで開幕だったが、まさかの黒星スタート。序盤でDF増嶋が相手にディフェス裏を突破され、手を使って止めての1発退場。10人での戦いを余儀なくされ、ジェフは攻撃の要、町田を下げてルーキーのディフェンス鳥海を入れて穴埋め。それでもその後はいいペースで押し込めていて先制点目前だったが、ゴールを割れず前半は0-0のまま。後半は開けてすぐにヴェルディに先制許すことに。強力な外国籍フォワード陣揃えたヴェルディ。ジェフは今シーズンもハイラインを維持していたが、これを付け狙うのは常套。ジェフは今シーズンからアルゼンチンからの新助っ人キーパー、ロドリゲスがスタメンで入り今節Jデビュー、安定したセービング披露していたが、ここは守りきれずで1-0ビハインド。その後のヴェルディの猛攻をしのぐと終盤でラリベイが、右サイド茶島のクロスにヘッド合わせて同点に。しかしその後勝ち越し食らって初戦黒星

 ジェフ千葉 次節は3/4(日)14:00、水戸戦@フクアリ

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
 為田     町田
(↓指宿)  (↓鳥海)
  矢田  茶島
    熊谷 
高木       山本
   増嶋 近藤(↓小島)
       
    ロドリゲス
posted by nyony at 10:56| 東京 ☁| Comment(0) | 18FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする