2017年11月27日

ジェフ、名古屋で散る

■■11.26 J1昇格プレーオフ 準決勝ジェフ千葉_結果■■
名古屋◯4vs2●千葉(パロマ瑞穂)
[goal]名古屋:61田口 66 86 96シモビッチ
  千葉:45 90ラリベイ

 名古屋でお返し食らった形、2-4敗戦で今シーズン終了。
 これまでジェフ、破竹の勢いで7連勝、昇格プレーオフへ薄皮一枚でつなげた勢いは、名古屋との対戦今シーズン3タテへとはつなげなかった。それにしてもエスナイデル監督の新体制で、攻撃型スタイルへ生まれ変り進化したチームで来季への期待は大きい。

 試合は、序盤から激しくぶつかり合う、というふうでもなく、懸念は名古屋との前の試合で効いていたジェフのハイプレスがうまくいかない。ジェフ対策でそれなりのシフトを敷いてきていて、それへの対抗策も打ってあるはずだが、どうにも攻めきれない。それでも前半ロスタイムでラリベイに先制点生まれる。左サイド為田の折り返しが相手ゴール前の混戦でラリベイに「当たって」ゴールインのラッキー弾。後半は、15分に名古屋の田口に同点弾取られる。シュートに至る途中でハンド疑惑のさばきがあったがこれはゴールイン後での異議は通らず、同点弾で(試合結果同点の場合は名古屋が勝抜け)落ち着き取り戻した名古屋はその後シモビッチの勝ち越し弾をよぶ。これはジェフ、キーパー佐藤のヘディングでのセーブがうまくはまらず、抜け出したシモビッチに無人のゴールに流し込まれる、ジェフの今季ありがちなケースでのゴール。あとはこのシモビッチに2点取られ、ジェフはラリベイがPK弾を1点決めたのみ。都合2-4名古屋勝利。ジェフの神通力は先週で途絶えた。今季はこれでおしまい

「同点ゴールが分岐点だった」…千葉・エスナイデル監督 | サッカーキング

千葉
    ラリベイ
 為田     町田
(↓清武) 船山
   熊谷(↓指宿)佐藤勇   
比嘉          溝渕
   キム・ボムヨン 近藤(↓北爪)
       
      佐藤優
posted by nyony at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

ジェフ、劇的ロスタイム弾でPO進出

■■11.19 J2 第42節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs1●横浜FC(フクアリ)
[goal]千葉:30町田 90+2' 近藤
  横浜FC:1' オウンゴール

 ジェフが奇跡的なJ1昇格プレーオフ進出を今節勝利で決めた。順位を争っていた松本は京都に敗れ、ヴェルディvs徳島もドローとはならず、結果的6位滑り込み。しかも今節はキャプテン近藤がロスタイム弾を決めての辛勝。
 今節ジェフは前節と同じスタメン。前節まで6連勝の勢いは、試合中全員が連動したプレッシングで相手に圧力をかけ続けてきた結果なのだが、今節の相手、横浜FCには研究し尽くされたか、なかなか押し切れず、序盤で失点のせいもあるか、いつも通りとはいかぬ序盤。前線左サイドでジェフの快進撃を支えて来た為田も抑えられ、うまくいかぬジェフのオフェンス。しかし徐々に盛り返して30分に町田が右サイドから角度のないところ、それも少し遠目からの超絶シュートを決めて同点に。後半に入ってからも、ジェフペースで進むも得点に至らず、90分が過ぎ、コーナーキックを得たジェフは途中投入されてた清武がキック、これを中央で走り込んでドンピシャヘッドを近藤が決め、勝ち越し。ラストはうまく時間を使って2-1勝利で、球団記録の7連勝達成&PO進出へ

 ジェフ千葉 次節POは11/26(日)16:00、名古屋戦@パロマ瑞穂

エスナイデル監督が明かすジェフ千葉怒涛の7連勝の理由…昇格PO進出を決めた裏側とは? | Goal.com

football-lab

順位表

千葉
    ラリベイ
 為田     町田
      船山
   熊谷(↓清武)佐藤勇   
比嘉       (↓矢田)溝渕
(↓指宿)キム・ボムヨン 近藤
       
      佐藤優
posted by nyony at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

ジェフ、名古屋に完勝でPO圏に肉薄

■■11.11 J2 第41節_ジェフ千葉_結果■■
名古屋●0vs3◯千葉(豊田st)
[goal]千葉:54ラリベイ 63為田 65ラリベイ

 ジェフが上位、名古屋にアゥエイで勝利。3-0完勝。後半9分からの怒涛の3連弾。ジェフのオフェンス、局面局面で数的を優位を作り、ボールを狩り前線へしかける今季最高のスペクタクルシーンが満載。3点以上の点差ついていてもおかしくないくらいの圧倒感で名古屋を攻め立てた。

 ジェフ、今節は前節怪我で途中交代した左サイドバック乾に代わり比嘉が久々スタメン。あとボランチ矢田がレンタル元との対戦で出場できず代わりに熊谷が位置。前半から飛ばし気味のジェフ。押し気味に展開するも得点なく、後半へ。フル回転による疲労が心配されたが、なんのことはない後半はそれ以上のパフォーマンスでラリベイ、為田、ラリベイの3得点を生む。その後も安定した戦いにて完勝模様。6連勝でプレーオフ圏に勝ち点差2で迫る情勢に。

 ジェフ千葉 次節今季最終戦は11/19日(日)16:00、横浜FC戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
    ラリベイ
 為田 (↓指宿) 町田
      船山
   熊谷(↓清武)佐藤勇   
比嘉          溝渕
(↓岡野)キム・ボムヨン 近藤
       
       佐藤優
posted by nyony at 09:26| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

負けないジェフ、5連勝

■■11.05 J2 第40節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs1●町田(フクアリ)
[goal]千葉:10為田 21船山
  町田:62戸島

 ジェフが13年以来の5連勝。町田をホームに迎え、前半は圧倒して2-0での折り返し。後半は一転町田ペースにおちいり17分に元ジェフ現町田の戸島に恩返し弾食らって1点差に迫られると、さらに圧力を受けて防戦一方の展開。最後の最後まで相手ペースとなり、90分を過ぎ長いロスタイムだったが、なんとかこらえて勝ち点3ゲット。町田はなんと9戦勝ちなしだと。
 ジェフは今節の勝ちでJ1昇格プレーオフ圏へ勝ち点差「2」まで迫った。あと2試合、上位、名古屋と横浜FCとの上位直接対決に

 ジェフ千葉 次戦は11/11(土)14:00、名古屋戦@豊田st

順位表

football-lab

千葉
    ラリベイ
 為田      町田
      船山(↓清武)
   矢田  佐藤勇   
乾(↓熊谷)      溝渕
(↓岡野)キム・ボムヨン 近藤
       
       佐藤優
posted by nyony at 08:47| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

ジェフ、アゥエイ勝利、4連勝

■■10.28 J2 第39節_ジェフ千葉_結果■■
大分●1vs2◯千葉(大銀ドーム)
[goal]大分:85後藤
   千葉:53ラリベイ 68船山

 ジェフがアゥエイ大分戦で勝利し怒涛の4連勝。現在10位なれど、上位6位以内J1昇格プレーオフに向けて、次節には圏内をうかがえるまで勝ち点が伸長。
 今節勝利の立役者としては後半から清武に代わり出場の為田で、2アシストを記録。どちらも左サイドで相手ディフェンスを振り切ってのクロスを供給しゴールにつながった。後半にジェフ2ゴール。大分には終盤85分に1点返され緊迫した展開となるも何とか逃げ切り。
 ゲーム全体としてはジェフが押し気味で進行。大分は終盤の1点以外にも、ポスト直撃弾とかかなりの好機あり、終盤に1点返した後の圧力も相当あったが、最後はジェフうまく守りきった。

 ジェフ千葉 次戦は11/5(日)14:00、町田戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
    ラリベイ
 町田      清武
(↓大久保)船山(↓為田)  
  矢田(↓熊谷)佐藤勇   
乾           溝渕
   キム・ボムヨン 近藤
       
      佐藤優
posted by nyony at 09:24| 東京 ☔| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

ジェフGK佐藤優也の神セーブ連発で勝利

■■10.22 J2 第37節_ジェフ千葉_結果■■
福岡●0vs1◯千葉(フクアリ)
[goal]千葉:30船山

 ジェフが敵地で上位の福岡相手に1-0勝利。今季の千葉で珍しくアゥエイで勝利、久々無失点も完遂し、3連勝達成。J1昇格プレーオフに望みをつないだ。
 結果勝ったといえ、相手にPK2本を与え、一本はジェフGK佐藤優也が防ぎ、終盤でのPKは枠ハズレ。2本とも福岡のエース、ウェリントンによるPK。ウェリントンはその後ラフプレーで退場と踏んだり蹴ったりな状況。まあそれに助けられてのギリギリな勝ち

 今節ジェフは左ウィングの為田が、レンタル元相手のため出場できず代わりに、いつもサイドバックの山本が前に上がって、サイドバックには溝渕が先発。序盤から激しいあたりの両者、拮抗した戦いだったが、30分にジェフの左サイドバック、乾が相手を倒しPKを与え、これを佐藤がセーブ、その反撃で一気にカウンター、ライベイのシュートの跳ね返りを船山が押し込んだ。最後はラリベイと船山がかぶり気味だったが、寸前にライベイが足を引いて船山のゴールに結びつけた。その後は後半にかけて徐々に福岡猛攻、ジェフ守勢の形勢、ラストの相手のPKもラッキーで入らず、クリンシート辛勝。

 ジェフ千葉 次戦は10/28(土)14:00、大分戦@大銀ドーム

順位表

football-lab

千葉
    ラリベイ
 清武    山本
(↓指宿)船山(↓町田)  
  矢田(↓大久保)佐藤勇   
乾           溝渕
   キム・ボムヨン 近藤
       
      佐藤優
posted by nyony at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

ジェフが5点奪取で爆勝

■■10.14 J2 第37節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯5vs1●松本(フクアリ)
[goal]千葉:7ラリベイ 53山本 56ラリベイ 81町田 89為田
  松本:47工藤

 ジェフがホーム2連戦で連勝。今節の相手は少し苦手な松本でまさかの5-1と差がついた。しかし序盤は7分にジェフが先制したものの、松本ペースで推移し不安な立ち上がり。先制はジェフのカウンター、右サイドバック山本からの前線へのフィードが船山にわたり、ゴールに向け突進、最後は並走していたラリベイへうまく流してアシスト記録。その前の山本のパスの良かった。今節はゴールはないけどアシストで躍動した船山と、鮮烈ミドルも決めた山本の2人が特に活躍。ラリベイも2得点、為田、矢田のレンタルコンビもスーパーな活躍ぶり。周りがスーパーな分、清武が霞んでいたが、途中出場町田も味方のシュートをカカトでコース変えゴールゲットのエクストリームを決めた。後半は祭り、フクアリ劇場の様相。今期はこれがあるから、連敗ショックも癒える。

 ジェフ千葉 次戦は10/22(日)14:00、福岡戦@レベスタ

順位表

football-lab

千葉
    ラリベイ
 為田(↓指宿) 船山
     清武(↓町田)  
  矢田(↓大久保)佐藤勇   
乾           山本
   キム・ボムヨン 近藤
       
      佐藤優
posted by nyony at 08:46| 東京 🌁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ジェフ3試合ぶり勝利

■■10.07 J2 第36節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯3vs1●岡山(西京極)
[goal]千葉:39近藤 56乾 59ラリベイ
  岡山:21赤嶺

 ジェフがフクアリで相性がいい岡山と対戦し3-1快勝。結果2点差勝利で快勝ムードだったが、序盤はかなり押し込まれて、停滞ムードが蔓延。立ち上がりの厳しさからよく立ち直った感が強かった印象。
 ジェフはこの試合、センターバック近藤が戻り、前線の町田がケガ欠場で船山が前線に戻ったオフェンス。清武がトップ下に入り町田の代役的な位置。この清武があまりはまっていなかったが、前半21分に先制され後、前半終了際でコーナーから近藤がヘッドでの同点弾。さらに後半はジェフの猛攻続き、せきを切ったかのように乾の逆転ヘッド弾、ラリベイの久々、超絶ミドルが突き刺さって2点差つけ進捗。最後は守りきり3-1勝利に

 ジェフ千葉 次戦は10/14(土)15:00、松本戦@フクアリ

順位表

football-lab

2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える (ジェフ千葉編)

千葉
    ラリベイ
 為田(↓指宿) 船山
     清武(↓大久保)  
  矢田(↓高橋)佐藤勇   
乾           山本
   キム・ボムヨン 近藤
       
      佐藤優
posted by nyony at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

NZに2-1辛勝

■■10.06 国際親善■■
JAPAN◯2vs1●NZ(豊田st)
[goal]JAPAN:50大迫 87倉田
     NZ:59ウッド

 ジャパンのW杯出場決定後初の代表戦でNZを迎えてのテストマッチはジャパンが2-1辛勝。
 ジャパンは選手選考の機会、NZにとってはW杯予選プレーオフを控えた大事なトライアルで、そんな本気度がジャパンに圧力を加え、ジャパンは苦戦。いや時間帯によっては苦戦となったか。全体印象としてはラストの左サイドでスペクタクルな猛攻劇もあってジャパンが優勢で順当勝ち。しかし倉田の勝ち越し点が入らなければ、傷多きドロー結果となってたギリギリの結果とも
 ジャパンは先発に武藤が久々に入り1トップ大迫のシャドウ左、トイ面には久保、あとはセンターバックに珍しく槙野が入る布陣。積極的に攻めるジャパンに守るNZの図式で前半まで得点なく。後半に入り5分、ジャパンがPKを得て大迫が難なくPKをIN。しかしその10分後に相手のセンターフォワードでジャパンキラー、ウッドにヘッド弾入れられ同点。その後ジャパンは前線の選手を総とっかえ、特に乾の獅子奮迅の働きによって圧力を増し、最後倉田のヘッド弾を呼び、なんとか勝ち越し

 日本代表、次戦は10/10(火)19:30親善試合、ハイチ戦。
 W杯組合わせ抽選は12/1

勝敗表


〈JAPAN〉
     大迫
    (↓杉本)
 武藤   香川   久保
(↓乾)(↓小林)(↓浅野)
   井出口  山口
  (↓倉田)(↓遠藤)
長友         酒井宏
    槙野  吉田 
      
       川島
posted by nyony at 10:19| 東京 ☁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ジェフ、アゥエイ連敗

■■09.30 J2 第35節_ジェフ千葉_結果■■
京都◯2vs0●千葉(西京極)
[goal]京都:90田村 90+3仙頭

 ジェフがこのところ7試合勝ちなしの京都とアゥエイで対戦し0-2敗戦。京都の点は終了間際の連続得点。試合過程ではジェフが優勢な流れ。これは前節の長崎戦も同じ。スペクタルある魅せる攻撃くりだすジェフ千葉。しかし点には結びつかず、勝ちにも結びつかない辛さ。今節はレギュラーのセンターバック、近藤が負傷で欠場。アンカー熊谷は不祥事で出場ならずの手負い。しかし京都もベストメンバーは揃えられなかったと。
 ジェフ、悲しみのリーグ終盤で失速模様

 ジェフ千葉 次戦は10/7(土)15:00、岡山戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  為田(↓指宿) 清武
  (↓船山)     
    矢田  町田
      佐藤勇
乾            山本
   キム・ボムヨン 大久保
       (↓多々良)
      佐藤優
posted by nyony at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ジェフ、長崎に劇的勝利許す

■■09.24 J2 第34節_ジェフ千葉_結果■■
長崎◯2vs1●千葉(トラスタ)
[goal]長崎:6澤田 90+7乾
  千葉:57矢田

 ジェフが苦手アゥエイで長崎に1-2敗戦。最後はロスタイムで終了直前に勝ち越し点決められるショックの大きい負けっぷり。前回対戦ではホームで5-0爆勝した長崎に強烈リベンジし返される始末
 試合は頭から長崎が優勢。序盤6分に長崎が1点先行。コーナーキックからうまく足に当ててゴールイン。その後は長崎の攻撃がおさまる流れでジェフが盛り返す進展。だが、前半までにゴールなく。後半からはされにジェフが押し込む形成が続くと、今度はジェフがコーナーキックからの得点。清武のキックにニアで為田が反応しタッチラインぎわから中央マイナスへ戻すとこれを矢田が相手ゴールに突き刺して同点に。その後もジェフも猛攻続くもなかなか割れずにいると、最後はロスタイムに、ジェフのDF乾の実兄、長崎のDF乾大知に勝ち越し弾決められゲームセット

 ジェフ千葉 次戦は30日(土)15:00、京都戦@西京極

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  為田(↓指宿) 清武
        
    矢田  町田
      熊谷
乾            溝渕
    キム・ボムヨン 近藤(↓山本)
       (↓大久保)
    ルイス・オヘーダ
posted by nyony at 12:20| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

ジェフ、水戸に辛勝

■■09.16 J2 第32節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs1●水戸(正田スタ)
[goal]千葉:42矢田 50為田
  水戸:70前田

 ジェフが水戸を迎え2-1辛勝。矢田、為田のレンタル組がそれぞれジェフ加入後初ゴールを決めて2点先行。1点返されて、ヒリヒリする展開となったが、終盤はジェフ、極端にディフェンス固めで守りきる構えとしなんとかこらえて久々の勝利つかむ。
 ジェフ今節の先発はボランチの熊谷が出場停止から戻って、前線サイドに船山に代え為田を先発起用。その為田が今節は目立った働きを示した。先制は矢田で、起点となったのは為田の左サイドでのドリブル突破からで中央折り返しを矢田がスーパーボレーで相手ポスト左に突き刺した。そして後半に入り、今度は為田自身が、彼自身得意の形であろう、左サイドから中央へ切れ込んで右足シュートでゴールゲット。ジェフが2-0先行。その後ジェフは少々息切れ模様で攻撃ままならず、1点返されると、ディフェンスの駒をつぎ込んでなんとかしのぐ終盤に

 ジェフ千葉 次戦は24日(日)19:00、長崎戦@トラスタ

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  為田(↓指宿) 清武
        (↓大久保)
    矢田  町田
      熊谷
乾   (↓多々良)    溝渕
    キム・ボムヨン 若狭
        
    ルイス・オヘーダ
posted by nyony at 10:11| 東京 ☔| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

ジェフ、アゥエイ群馬戦落とす

■■09.10 J2 第32節_ジェフ千葉_結果■■
群馬◯2vs0●千葉(正田スタ)
[goal]群馬:24鈴木 79高井

 相手、群馬は15戦勝ちなしで最下位降格ゾーンにいてモチベーション高く、ジェフもこのところ勝ちなしでそれこそモチベーション高いはずなのだが、今節に関しては空回りな試合。シュートもコーナーキックも多く取れていたし、前がかりで押し上げきれていたようには見えていた。いかんせん。敵陣守りのコマでいっぱい。前半の早い段階で絶好の位置からのフリーキックを決められ、ホーム群馬のペースには乗せられていたような。点が入れば、ムードもコロっと変わる、はずなのだが、シュートはあってもゴールが決められない。
 なんとなくアゥエイ群馬がすっきり勝てたイメージがない。時間が過ぎゆくうち2点目も決められて、あとは守り切れらて敗戦。
 ズルズルと後退していくジェフ。

 ジェフ千葉 次戦は9/16日(土)18:00、水戸戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  清武     船山
       (↓為田)
   矢田  町田
(↓指宿)佐藤勇
乾           山本真
    キム・ボムヨン 若狭(↓高橋)
        
    ルイス・オヘーダ
posted by nyony at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ジャパン、予選最終戦で黒星

■■09.05 W杯アジア最終予選グループB■■
Saudi Arabia◯1vs0●JAPAN(King Fahd Stadium)
[goal]Saudi Arabia:63ファド アル・ムワラード
 
 W杯アジア予選サウジ戦アゥエイで0-1惜敗。中東でのアゥエイ戦酷暑の中での戦いでハンデ大きく、またジャパンは前節でW杯出場を決めており消化試合の位置づけもあってか、フル稼働とは行かなかったか。ジャパンの敗戦であおりを食ったのは豪州で、サウジはジャパンに買ったことでB組2位勝ち抜けを自ら決めて、豪州はタイに勝ちを収めたもの3位確定となりプレーオフへ
 ジャパンはこの試合、前線を前節豪州戦からフルチェンジで、原口、岡崎、本田を起用、中盤に柴崎が入り、長谷部を休ませる布陣。序盤からボールキープこそサウジ優位に立つもののジャパンが効率良く攻めてシュートもよく打てていた。しかし後半、序盤にサウジが得点し、W杯出場へのリーチとなると、今度はサウジがジャパンをいなす展開に。ジャパンは相手ゴールへギリギリ迫るもラインを割れず、予選最終戦で黒星に

 日本代表、次戦は10/6(金)親善試合、対戦相手未定。
 W杯組合わせ抽選会は12/1

勝敗表


〈JAPAN〉
     岡崎
    (↓杉本)
 原口        本田
   井出口 柴崎(↓浅野)
     山口(↓久保)
       
長友         酒井宏
    昌子  吉田 
      
       川島
posted by nyony at 09:16| 東京 🌁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

ジェフ、ヴェルディとドロー結果

■■09.02 J2 第31節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△2vs2△東京V(フクアリ)
[goal]千葉:51ラリベイ 71大久保
   東京V:56ドウグラス・ヴィエイラ 62梶川

 4連勝中で好調のヴェルディをホームに迎え、拮抗した展開から2−2ドローの結果。前半はヴェルディ、後半はジェフが押し気味に。
 主力のラリベイ、清武、町田が出場停止から復帰したジェフだが、前半は攻めあぐね。ヴェルディは強力な外人2トップが脅威となり、ジェフゴールに襲い掛かる前線。なんとかこらえたジェフは、後半からは少し盛り返し、6分にゴール前の混戦からラリベイがゴールゲット。相手ディフェンダー束になってたゴール前を切り裂くグラウンダーのシュートが決まった超絶技巧とも言えるシュート。しかしすぐさまヴェルディに返され、さらに逆転、おなじみのキーパー飛び出し、ゴールガラ空きに入れらた。しかし今度はジェフ、交代出場の大久保がやだのクロスからヘッドでゴールゲット。昨年からジェフに加入した大久保はジェフ初ゴール。その後もジェフ、猛攻しかけて、、とはあまりならず、ヴェルディにうまく守られ、勝ち点1のみで集結

 ジェフ千葉 次戦は9/10(日)19:00、群馬戦@正田スタ

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  清武     サリーナス
(↓指宿)    (↓大久保)
   矢田  町田
     佐藤勇
乾           山本真
    近藤 若狭
     
    ルイス・オヘーダ
posted by nyony at 08:44| 東京 ☀| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

ジャパン、W杯出場決める

■■08.31 W杯アジア最終予選グループB■■
JAPAN◯2vs0●Australia(埼スタ)
[goal]JAPAN:41浅野 82井出口
 
 W杯アジア予選で豪州とホーム対戦。ジャパンは前線で両ウイングに乾と浅野を器用する新布陣を敷き、2-0で勝利。前線がスピード感あるプレスで終始押し気味にゲームを進め、内容結果とも圧勝模様のメモリアルゲーム
 ジャパンの先発はトップに大迫は前節と同じ、今節では海外での活躍が伝えられる乾と浅野を抜擢、さらにその一段下にガンバの井手口を新起用、キャプテン長谷部が怪我から復帰で中央底。豪州にはこれまで勝利なしで難航が予想されたが、序盤からジャパンが押し気味。両サイドのスピード感と奪われても取り返せる中盤の支配力で、豪州を圧倒気配。先制は40分位、左サイドバック長友の持ち上がりからクロスで、右サイド抜け出た浅野が難なくボレーで流し込んであっさりゴールゲット。後半に入っては豪州の巻き返しを受け、さらにジャパンキラー、ケーヒルも投入されたが、堅守で押し返し終盤にはジャパン、カウンター気味の展開から井手口が左サイドから中央に切り込んでシュートを決めてだめ押し。ラストも危なげなく締めてゲームセットし、グループB残り1試合、勝ち点差で首位確定。W杯出場決定へ

  日本代表、W杯予選最終戦は9/5、26:30サウジアラビア戦アゥエイ

勝敗表


〈JAPAN〉
     大迫
    (↓岡崎)
 乾        浅野
(↓原口)井出口(↓久保)
    山口
       長谷部
長友         酒井宏
    昌子  吉田 
      
       川島
posted by nyony at 10:18| 東京 ☁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

ジェフ、ホームでまたも敗戦に

■■08.26 J2 第30節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●1vs3◯岐阜(フクアリ)
[goal]千葉:44アランダ
   岐阜:51 19 57風間

 前回対戦で敵地で6-4の打ち合い演じた岐阜との対戦は3-1で敗戦。相手のFW風間に3点取られ、反撃は1点のみ。
 今節は攻め主力ラリベイ、清武、町田の3枚が出場停止でまんま戦力落ちが見えた経過。前への収まりがなく、今シーズンのジェフにしては珍しく押し込まれてばかりの展開。ジェフの1点は相手に2点取られた後、前半終了間際だったが、為田がゴールラインぎりぎりで折り返したボールをアランダがボレーで当て、相手ディフェンスに当たったことでコース変わってゴールインしたラッキーボール。攻撃の可能性を感じられないダメな形勢。相手ゴールが3点で済んだのが奇跡的。後半から佐藤勇人、山本真希が入り少しは収まるようになったが、ゴールにはつながらなかった。

 ジェフ千葉 次戦は9/2(土)18:00、東京V戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
     指宿
  為田      船山
(↓古川 )   
    矢田  アランダ
     熊谷(↓佐藤勇)
乾           溝渕
    キム・ボムヨン 近藤(↓山本真)
     
    ルイス・オヘーダ
posted by nyony at 08:52| 東京 ☁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

ジェフ、アゥエイで勝ち逃し

■■08.20 J2 第29節_ジェフ千葉_結果■■
山形△2vs2△千葉(NDst)
[goal]山形:40山田 90+4永藤
   千葉:56 87ラリベイ

 ジェフ、アゥエイ山形戦は2-2ドロー。最後はロスタイムに山形に追いつかれての痛恨ドロー。すんでのところで勝ち点2をロスト。
 渋い試合。ジェフはいつものハイプレスが効かない。ハイプレス同士対決の四つ相撲で互いにチャンスは少ない前半。しかし山形がコーナーキックからの流れで先制点奪取。後半に入っては山形がやや優勢か、しかし今度はジェフが、矢田のフリーキックからラリベイのヘッド呼び込んで同点に。ジェフはトップに指宿を入れ込みツインタワーのパワープレイとすると、ゴール前からの混戦からラリベイが2点目を決め勝ち越しに成功、後半42分。6分の長いロスタイムに入り、山形の攻撃、ジェフのキーパー佐藤が飛び出したところ、がら空きポストに流し込まれて同点に。今節2度目のキーパー佐藤とバック近藤の激突で、相手への好機をプレゼントした結果に
 次節は、ラリベイ、清武、町田の攻めの要3枚が出場停止だと。

 ジェフ千葉 次戦は8/26(土)18:00、岐阜戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  清武      船山
         (↓為田 )   
   矢田   町田
     熊谷(↓指宿)
比嘉         溝渕
(↓若狭)キム・ボムヨン 近藤
     
      佐藤優
posted by nyony at 12:16| 東京 ☁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

ジェフが圧倒しながら敗戦

■■08.16 J2 第28節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●0vs1◯湘南(フクアリ)
[goal]湘南:82ムルジャ

 ジェフ、首位の湘南をホームに迎えた大一番は0-1惜敗。内容はジェフが圧倒的な支配、これは試合通じて。だども終盤の代わって入ったばっかりムルジャにコーナーキックから決められた1点で勝ち越されて終幕。ムルジャって大宮の点取り屋だったはずだが、こんなところにいるとは知らない。そしてきっちりと仕事された。
 ジェフの攻撃陣、前節に続いてのエンタメ性あるパフォーマンスで湘南陣内をかき回したが、相手ディフェンスがこれまでのチームとは質が根本的に違うようで全て跳ね返され耐性は十分。そしてあまり攻撃を仕掛けてこないのも勝ちに徹したやり口か。最後満をじして投入の刺客が仕事をして最後を占める鮮やかな展開力。そしてジェフ、今季初ホーム敗戦

 ジェフ千葉 次戦は8/20(日)18:00、山形戦@NDスタ

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  清武 (↓指宿) 船山
         (↓為田 )   
   矢田   町田
 (↓若狭)熊谷   
乾          溝渕
   キム・ボムヨン 近藤
     
      佐藤優
posted by nyony at 09:40| 東京 ☁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

ジェフが終盤で劇的勝ち越し

■■08.11 J2 第27節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs1●山口(ポカスタ)
[goal]千葉:57町田 90+3清武
   山口:89岸田

 ジェフ連勝、ホーム無敗継続。相手は山口で2-1勝利。試合通してボール保持や攻めの勢いでジェフが圧倒していたものの、得点は後半12分、町田のゴールのみで終盤にかかり、このままジェフ1点差逃げ切りかという流れで山口のカウンター食らいPKもぎ取られ45分間近で同点にされる。ジェフ、エスナイデル監督の選択はディフェンス若狭を交代出場。守り固めで同点守りきりかと思えたが、そうではなく、センターバックの近藤をトップにあげる奇策にしてパワープレイ。結果これが功奏、近藤はPKを与えたの取り返して余りあるアシストで最後清武の劇的ヘッド弾を演出。今シーズン最高の歓喜のゴールシーンで幕閉じ。
 特に後半、町田の先制ゴール後はジェフの押せ押せ、スペクタクル見せつけるサッカーショー状態で、最後の出来過ぎ、勝ち越し弾含めエンターテイメント性も存分に味わえた最高の試合

 ジェフ千葉 次戦は8/16(水)19:00、湘南戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  清武 (↓指宿) 船山
         (↓為田 )   
   矢田   町田
 (↓若狭)熊谷   
乾          溝渕
   キム・ボムヨン 近藤
     
      佐藤優
posted by nyony at 09:24| 東京 ☁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ジェフが鬼門アゥエイで僅差勝利

■■08.05 J2 第26節_ジェフ千葉_結果■■
徳島●0vs1◯千葉(ポカスタ)
[goal]千葉:45+3ラリベイ

 ジェフ、前節愛媛に続き四国でのアゥエイ戦は1-0勝利。今シーズン、アゥエイでことごとく負けてきた上に苦手の徳島アゥエイ戦、しかも猛暑強風の悪コンディションの中、最後まで走りきっての価値ある勝利。決勝点は前半ロスタイム、右サイド町田からのラストパスをゴールに流し込んだラリベイ。お子さん誕生から1週間すぎで待望のゆりかごダンス見られ、この点が両者唯一の得点に。
 特に今節の徳島は前節まで3位と今シーズンは好調チームということもあり、前節戦った愛媛のように引いて守ることはしない攻撃的な構えで、ボール保持も徳島が優位に立つ戦いに。その分ジェフも前線に付け入るスキはありで惜しいシュートも打てていた。前半はラリベイのゴールでジェフが1-0で折り返し。後半に入り徳島は2人選手をかえシステム変更。ジェフは今節初先発の名古屋からのレンタル、矢田含め前半に続きゴール回しはできていた。徐々に消耗戦の様相と化し、清武が足をつって退場。ジェフは為田、アランダ、そして守りの若狭を入れ、5バックと守りきって勝利もぎ取る姿勢へ。その後なんとか守りきって徳島戦勝利に

 ジェフ千葉 次戦は8/11(金)18:00、山口戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
     ラリベイ
  清武      船山
(↓為田 )   (↓若狭)
   矢田  町田
(↓アランダ)熊谷   
乾          溝渕
   キム・ボムヨン 近藤
     
      佐藤優
posted by nyony at 10:02| 東京 ☁| Comment(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

ジェフがまたもアゥエイ敗戦

■■07.29 J2 第25節_ジェフ千葉_結果■■
愛媛◯1vs0●千葉(ニンスタ)
[goal]愛媛:57浦田

 ジェフが鬼門とするアゥエイ戦で、前回対戦4-2で勝利した愛媛に0-1負け。愛媛の鉄壁の、というかだだ引き守備陣を崩しきれず、守っては後半に相手側数少ないチャンスをものにされ、相手の思う壺。愛媛の守り堅し。しかしジェフも1点入れば、ドバドバ行く予感もあった。その一戦が破れるかどうかの差。今節は攻撃の要、清武を先発から落とし、福岡からのレンタル為田を起用したが、これがほとんど効いてなかった。あとは右サイドバック、前節負傷の山本の代役でJ初先発の溝渕が入り、やや硬いパフォーマンス。あとは中盤底に佐藤勇人が久々先発したが、後半15分にイエロー2枚で退場。これも後半戦、逆転に向けては痛かったか。終盤、ラリベイと代わって出場の指宿が前線で奮闘していたが、分厚い相手の包囲網にかかり、一度はゴール前で指宿の落としから清武のシュートと絶好機迎えたが、これは相手に阻まれゼロ封される図

 ジェフ千葉 次戦は8/5日(土)19:00、徳島戦@ポカスタ

順位表

football-lab

日刊スポーツ

千葉
     ラリベイ
 為田(↓ 指宿) 船山
(↓ 清武)   (↓矢田)
   町田  アランダ
     佐藤勇   
乾          溝渕
   キム・ボムヨン 近藤
     
      佐藤優
posted by nyony at 10:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

〈ジェフ、ホームで無双の完封試合

■■07.22 J2 第24節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs0●金沢(フクアリ)
[goal]千葉:4ラリベイ 45+1町田

 ジェフが前回対戦で負けた金沢をホームに迎え2-0勝利。ボール保持も相手を圧倒。なかなか見れない、内容・結果共に完勝模様。
 ジェフはこの試合。ラリベイをトップに清武、船山の両サイド、その下、町田とアランダが入った。序盤に清武のコーナキックからラリベイがドンピシャヘッドで鮮烈なる先制。幸先良きスタートはその後消極的になること多いが、今節は相手をいなしながら程よくボールがさばけ、前半終了間際の絶好機に町田がゴールし2-0。その後も安定したジェフの守り。攻めては幾分余裕の展開に持ち込めていて、最後付近、ラリべイと交代で出た指宿がゴールしたが、なぜかオフサイド取られてノーゴール。しかし完封で集結。今季ホーム無敗継続

 ジェフ千葉 次戦は7/29日(土)19:00、愛媛戦@ニンスタ

順位表

football-lab

日刊スポーツ

千葉
     ラリベイ
  清武(↓ 指宿) 船山
(↓ 為田)町田 アランダ
       熊谷   
乾          山本真  
   キム・ボムヨン 近藤(↓比嘉)
     
      佐藤優
posted by nyony at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

ジェフが怒涛の打撃戦を制す

■■07.08 J2 第22節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯4vs3●讃岐(長良川)
[goal]千葉:13ラリベイ 68清武 80 83ラリベイ
   讃岐:34馬場 65高木 78木島

 ジェフ千葉がこの試合も大量4点で讃岐を仕留め今季初3連勝。
 内容的には疑惑判定もありながらシーソーゲームで超絶しびれる具合の名戦となった。それにしてもラリベイは結果ハットトリックでドバドバ継続中。最後に美味しいところ、というか見せ場作ったのがジェフキーパーの佐藤優也。ジェフが逆転して迎えた後半ロスタイムに自ら与えたPKで、取られればドローとなるプレッシャーのかかる場面でPKをビッグセーブ。その後のコーナーキックも相手の惜しい場面を守りきり勝利につなげた。
 後は今期は初先発で羽生がハーフで位置し、キムはセンターバックで大久保と組むなど猛暑期に向けて新布陣もトライアルで、相変わらず失点も多いがそれを上回るオフェンス力とフクアリ劇場パワーで乗り切った試合。

 ジェフ千葉 次戦は7/16日(日)19:00、熊本戦@えがおS

順位表

football-lab

日刊スポーツ

千葉
     ラリベイ
 清武        船山
   町田   羽生(↓サリーナス)
      (↓ 高橋)
      熊谷   
乾    (↓ 岡野))  北爪  
   キム・ボムヨン 大久保
     
      佐藤優
posted by nyony at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

ジェフ撃ち合いを制して岐阜に6-4

■■06.25 J2 第20節_ジェフ千葉_結果■■
岐阜●4vs6◯千葉(長良川)
[goal]岐阜:14大本 45+1 67古橋 78永島
   千葉:24' 乾 45+2指宿 47清武 54キム・ボムヨン 60アランダ 69ラリベイ

 ジェフ千葉、アゥエイ岐阜戦で6-4勝利。試合としてバカバカ点が入ったが、似たようなチームカラーのせいだったか。互いにボールポゼッションを得意としており、相手カウンターの守りに難ありで、互いにありえないようなポカミスからの取られ点含み大味な内容。けどこれだけ点入るのも見ていておもろくないわけない。ジェフは前半に乾と指宿が同点ゴール。さらに後半に入って清武がカウンターから一人で持ち込んでゴールゲット。素晴らしきテクニック見せつけるファインゴール。あとはキムのミドルボンバーとアランダのボレー、ラリベイのやっと入れてくれたゴールで都合6点。岐阜も後半終盤にはジェフ陣に猛攻しかけて最後2点差まで追いつく仕掛け。すごい試合。アゥエイで勝てたのは大きい

 ジェフ千葉 次戦は7/1日(土)18:00、大分戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
   清武  指宿 
      (↓ラリベイ)
  町田    アランダ  
  
乾     熊谷   北爪
    (↓佐藤勇)   
  キム・ボムヨン 近藤 大久保
     (↓ 岡野)
      佐藤優
posted by nyony at 09:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

ジェフ、水戸に1-3負け

■■06.17 J2 第19節_ジェフ千葉_結果■■
水戸◯3vs1●千葉(フクアリ)
[goal]水戸:39橋本 46佐藤 62林
   千葉:90+2清武

 ジェフ千葉、アゥエイ水戸戦で1-3敗戦。後半17分までに3点先行され、ラストで一矢報いる清武のフリーキックでのゴールで2点差詰め寄った流れ。ジェフのスタメンはこのところのベスト布陣でGKには山本が2戦連続先発。序盤から拮抗した戦いで互いにチャンスを潰しあいの進行、ややジェフが優勢か、の雰囲気だったが、後半39分に水戸に先制点生まれると、後半開始直後にも水戸にゴールで、水戸優位に進行。それでもジェフは時たま敵陣深くまで侵攻できていたが、ゴールポスト直撃、相手キーパーの好セーブでゴール割れぬうち、17分に水戸に3点目が生まれる。ジェフはラリベイと熊谷、さらに菅嶋と攻撃のコマつぎ込むも事態変わらず。ラスト、ロスタイムに清武が、ゴール正面、絶好の位置からのフリーキックを沈めて1点返す、のみ

 ジェフ千葉 次戦は6/25(日)18:00、岐阜戦@長良川
 その前に天皇杯6/21(水)19:00、東京V戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
     指宿 
 清武       船山
   高橋  町田(↓ラリベイ)
  (↓熊谷)(↓ 菅嶋)
     佐藤勇   
乾           山本真
    近藤  岡野
     
      山本海
posted by nyony at 10:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

ジャパン、イラクとドロー

■■06.13 W杯アジア最終予選グループB■■
JAPAN△0vs0△Iraq(イラン・テヘラン)
[goal]JAPAN:8大迫
   Iraq Arabia:72マハディ
 
 W杯アジア予選でジャパンはイラクとアゥエイで対戦し1-1ドロー。この結果、グループリーグ2戦残して勝ち点で1つ抜けて首位となったが、続く2位のサウジとは最終戦(9/5)でアゥエイで対戦、勝ち点差1で3位の豪州とは次戦(8/31)でホーム対戦と難関続く。

 ジャパンはこの試合、香川がケガで離脱のため本来ポジションがかぶる久保と本田が両脇として2枚先発。ボランチには代表初お目見えの遠藤と井手口が入り、センターバックはこれまでレギュラーだった森重が昌子へと代わり新布陣。試合直後からジャパンがうまくボールキープし進め、7分には本田のコーナーキックから大迫のヘッド弾を呼び早くも先制。しかしジャパンはその後徐々にスローダウンし、イラクがボールを支配。これは最後まで続くが、イラク自体個人技があれど連携にアドバンテージがあるチームでもなく、ゴールに迫るシーンは少ない。しかし後半に27分にはゴール前でキーパーの川島とDF吉田の2人によりボール処理を巡ってミスがあり、あえなくゴールを決められ同点に。その後は折からの猛暑や両者パフォーマンスが落ちて、躍動感なく試合終了。

  日本代表、W杯予選次戦は8/31オーストラリア戦ホーム

勝敗表


〈JAPAN〉
     大迫
    
 久保   原口  本田
    (↓倉田)
    遠藤 井出口
長友     (↓今野)酒井宏
    昌子  吉田 (↓酒井高)
      
       川島
posted by nyony at 10:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ジェフ、首位福岡とドロー

■■06.10 J2 第18節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△0vs0△福岡(フクアリ)

 ジェフが前節まで首位の福岡をホームに迎え0-0ドローの結果。
 ジェフはこの試合、キーパーに山本海人を初先発させ、4バック、1トップ体制で迎え撃つ仕様。福岡はまずは守り固めから入ったか、ジェフの攻め時間が多かった前半。チャンスは作れていたが、ゴールまでは届けず、後半に入るとやや福岡持ち直してシュートシーンが多くなる。そこはジェフでリーグ戦初お目見えのキーパー山本がスーパーセーブ連発で切り抜けると、ジェフは菅嶋、熊谷らを投入しチャンスを狙うが破壊力出ずに両者無得点にて終戦。後半途中からスタジアムに砂が吹き荒れ視界をさえぎる悪コンディションに

 ジェフ千葉 次戦は6/17(土)18:00、水戸戦@Ksスタ

順位表

football-lab

千葉
     指宿 
 船山       清武 
(↓菅嶋)高橋    町田
  (↓熊谷) (↓ キム・ボムヨン)
     佐藤勇   
乾           山本真
    近藤  岡野
     
      山本海
posted by nyony at 10:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

ジェフ、岡山に力負け1-2

■■06.03 J2 第17節_ジェフ千葉_結果■■
岡山◯2vs1●千葉(Cスタ)
[goal] 岡山:45片山 54石毛
   千葉:34キム・ボムヨン

 ジェフがなかなか勝てないアゥエイで岡山にも敗戦。今節は互いに激しいぶつかり合いで見所多いおもろい試合となったのだが、いつものようなジェフのボール保持が目立つ試合にはならなかった。岡山の守りが硬く、カウンターも迫力を見せた
 ジェフは前半にサイドバックのキムの豪快なシュートが決まり先制したものの。前半ロスタイムに追いつかれ、後半に突き放される逆転ゴールを浴びた。後半の終盤はラリベイ、船山らつぎ込んでパワープレイでかなり押し込んだが、ゴールは割れなかった。力負けの様相。このカード岡山ホームでは5連敗となったらしい。前に見に行った時はジェフが勝ってたからもう5年以上前のことになるか。ジェフは今季初の連勝ならず

 ジェフ千葉 次戦は6/10(土)13:00、福岡戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
    指宿 清武 
         
   高橋    アランダ
乾(↓ ラリベイ)(↓町田)山本
    佐藤勇   
キム・ボムヨン   岡野
(↓船山) 近藤  
     
      佐藤優
posted by nyony at 10:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

ジェフが今季初逆転勝ち

■■05.27 J2 第16節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯4vs2●愛媛(フクアリ)
[goal] 千葉:31乾 38山本 44町田 64近藤
   愛媛:12近藤 74小島

 元ジェフ通訳(オシム監督時)間瀬監督率いる愛媛とホームで対戦し4-2でジェフ勝利。今季初の逆転勝ちとDF乾が今季初先発でJ初ゴールとメモリアル
 ジェフの今年を象徴するべき試合。逆転勝利はともかく、ハイラインで攻め基調、リスクを負った今年のエスナイデル新監督の戦術で、点は取られるけど、それ以上に点が取れる攻撃的破壊力あるチーム。何より、見てておもろいサッカー。そんな片鱗が見えたが、すでに今季もう16節で、順位は半分以下と、ここからの巻き返しがどうなるか
 この試合ジェフは3バックに戻り、左サイドウイングに乾が先発、アンカーに佐藤勇人が入り、トップが指宿、清武の2枚。2列目高橋、町田。今節はボールの周りがよく、前節目立てなかった町田が攻撃の要として効いてた。右サイドはウイングの山本と町田の絡みがよく、逆転弾の山本のスーパーボレーも町田のワンツーから生まれた。それでも相手の愛媛にも好機は多くて、後半ジェフがだめ押し4点目入れた後に愛媛が1点返して2点差に迫り勢い盛り返し、ゲームに緊張感を与えた。ここでジェフなんとか乗り切り、おまけに指宿の惜しいシュートも生まれたりで見所は最後まで詰まっていて。取られても取り返しさらに加点の理想に近い試合に

 ジェフ千葉 次戦は6/3(土)19:00、岡山戦@Cスタ

順位表

football-lab

千葉
    指宿 清武 
         
  高橋      町田
乾       (↓熊谷)山本
(↓ 大久保)佐藤勇   
キム・ボムヨン   岡野
      近藤  
     (↓船山)
      佐藤優
posted by nyony at 08:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

指宿が値千金の同点弾

■■05.21 J2 第15節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△1vs1△熊本(フクアリ)
[goal] 千葉:83指宿
   熊本:50グスタボ

 ジェフ、0-3惨敗から開けてのホーム熊本戦は終盤追いついてのドロー。今節先発の指宿がジェフ捨て身のパワープレーの最中に相手ディフェンダーを背負っての反転グランダー シュートを決めた。超絶ゴールで存在感見せつけたが、明らかに(背が高いせいもあるが)今節は存在が大きく、同じくトップのラリベイも後半23分からの出場となったが、これがほとんど消えた存在で対象的。ジェフ、同点弾の後も押せ押せではあったものの、相手ゴールは割れない。
 ジェフの今年、大抵はボールキープ率が高く、毎試合冒頭から大抵は負ける気がしないのだが、今節は相手熊本の攻めの場面多く様子は違ってた。前半は熊本にゴールギリギリのシュートが何発か。そして後半頭にトップのグスタボが先制。巻もよう走っていた。ジェフは去年まで熊本所属で、昨年の熊本、震災からの再出発試合でジェフ本拠フクアリの試合ので盛り上がりの印象がジェフ移籍を後押ししたとしており、注目されたが、前半までとなった船山と同じくパフォーマンスは芳しくなかった。

 ジェフ千葉 次戦は27日(土)15:00、愛媛戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
      指宿
 清武          船山
    高橋  アランダ(↓菅嶋)
        (↓町田)
     佐藤勇
キム・ボムヨン     山本
     近藤  岡野(↓ ラリベイ)

      佐藤優
posted by nyony at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

ジェフが一転、0-3大敗

■■05.17 J2 第14節_ジェフ千葉_結果■■
東京V◯3vs0●千葉(フクアリ)
[goal] 東京V:55アラン・ピニェイロ 69 77高木善

 ジェフ、5-0爆勝明けで中3日、平日開催ヴェルディ戦アゥエイは0-3爆負け。この試合の前半までの押し込み具合から予想できない3失点、0得点。後半に点取られるのは織り込み済みなはず。それでなぜ点とれてないか不思議としか言いようがないが、今節は相手がヴェルディで今シーズンはスペイン人新監督のもとで生まれ変わり堅守にしてこれまで成績も悪くない。ジェフは前節のゴールゲッター、清武と船山がことごとくはまらず、それより前節お膳立てで大活躍だった指宿がベンチスタート。代役ラリベイと清武&船山が機能しない。それでも前半はいつくかゴール寸前のシーンがあり、ジェフペースの勢いで、この時点が入っていれば、話は変わっていたはず。
 後半に入りヴェルディはトップの選手が代わり、いきなりゴールが生まれた。流れは一気に傾いた。ジェフ陣内の広大なスペースで躍動するヴェルディ・オフェンス。なんか、オフサイドかなんだかわからぬ空隙を突かれた感もあったが、見方によってはジェフのディフェンス崩壊な印象もあり。完敗模様

 ジェフ千葉 次戦は5/21(日)17:00、熊本戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
      ラリベイ 
 清武  (↓ 指宿)   船山
    町田   アランダ
 (↓サリーナス)(↓高橋)
     佐藤勇
キム・ボムヨン     山本
     近藤  岡野

      佐藤優
posted by nyony at 10:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

ジェフが長崎に5-0大勝

■■05.13 J2 第13節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯5vs0●長崎(フクアリ)
[goal] 千葉:6船山 46 55 65清武 79船山

 ジェフがこれまでの鬱憤を一気に払う5-0爆勝。相手は苦手高木監督率いる長崎で、清武がハット、船山も2ゴールとケチャップドバドバのジェフ攻撃陣。試合開始時は大雨で悪馬場コンディション。フクアリは晴天時多めに水撒きしてるが、この日はその必要なくボールの転がりも好都合だったか、選手が足を取られてたのは長崎の選手だけ。ジェフは攻撃陣が躍動したが、この日は守備陣の若狭、熊谷が出場停止で今季初登場の岡野がセンターバック、ボランチに佐藤勇人が初先発、アランダも前目で入りトップに指宿と先発陣容も様変わり。ジェフがボールキープし相手が守備固めしカウンター狙いというの試合展開は自体はいつも通り、でも何かが違った。船山が開始直後6分に先制ゴール決めたという、ある意味意外性が契機となった。船山は駄目押しのチーム5点めも決め、2ゴールとなったが、清武のハット、3点奪取で影は薄くなった。今季のジェフはもう、攻撃ありきなのでこのドバドバがないと、成り立たない。次節のヴェルディ戦も大量点期待するのみ

 ジェフ千葉 次戦は5/17(水)19:30、東京V戦@味スタ

順位表

football-lab

ミーティングが功を奏す(日刊スポーツ)

千葉
      指宿 
 船山        清武 
    高橋 アランダ
  (↓町田)
     佐藤勇
キム・ボムヨン     山本
     近藤  岡野
   (↓大久保)(↓ 乾)  
      佐藤優
posted by nyony at 11:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

ジェフ金沢に敗れて

■■05.07 J2 第12節_ジェフ千葉_結果■■
金沢◯2vs1●千葉(石川西部)
[goal] 金沢:27OG 50佐藤
  千葉:51ラリベイ

 ジェフ過去負けなしの金沢にアゥエイで1-2敗戦。いつも通りか、それ以上にジェフ優勢でボール保持率も高く押し込み続けた挙句に、得点が入らず、相手のちょとしたカウンターで得点される、毎度パターン。今節では2点先行されたのちに、ジェフFW、ラリベイの流れの中でのジェフ入団後初ゴールが生まれたが、追加点が生まれぬ。ジェフの攻撃的戦術、失点は織り込み済みで、それ以上に点数奪って勝つのが本来のところ。トップのラリベイは開幕12試合にしてやっと流れでのゴール。船山はあいかわら外しっぱなし、清武もブレーキ。しかも今節は町田がまたも謎の欠場、中盤の先発陣、高橋、山本ら存在感乏しく、途中加入した指宿も存在の迫力の割にはシュートが弱々しく。なんともきびしか内容

 ジェフ千葉 次戦は5/13(土)15:00、長崎戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
      ラリベイ 
 清武         船山
(↓指宿)高橋  山本
       (↓菅嶋)
      熊谷
キム・ボムヨン      北爪
     近藤  若狭(↓アランダ)
           
      佐藤優
posted by nyony at 08:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

ジェフ勝利。高橋先制、指宿ダメ押し

■■04.29 J2 第10節_ジェフ千葉_結果■■
千葉◯2vs0●徳島(フクアリ)
[goal] 千葉:23高橋 90+4指宿

 ジェフ痛恨の0-4負け開けの試合、上位徳島とのホーム戦は2-0勝利。最近毎試合そうなるが、ジェフ優勢の序盤、そして14分にハイライトな出来事、徳島のDFがボールボーイを小突いて一発レッドで退場。そして23分に高橋のJ、2点目となる先制点でジェフ先行。高橋のゴールは相手徳島もハイラインを築く中、中央で清武が相手をかわしての超絶スルー抜け出した高橋が難なくグラウンダーでゴールを決めた。その後もジェフ優勢のまま進行したが加点は進まない。後半に入り羽生、指宿を加入させるも事態は変わらず、最後ロスタイム終了寸前のところで指宿が一人抜け出してキーパーをかわしてゴールを決めゲームセット。指宿はジェフでの初得点を出場2試合目で決めた。同じくスペインリーグでのキャリアを持ち芸風もかぶり気味のラリベイに代わり指宿が今後トップに躍り出るかも見所

 ジェフ千葉 次戦は5/3(水)14:00、讃岐戦@ピカスタ

順位表

football-lab

フモフモコラム

千葉
      ラリベイ 
 清武  (↓指宿)  船山
(↓羽生)高橋  町田(↓比嘉)
        
      熊谷
キム・ボムヨン      北爪
     近藤  若狭
           
      佐藤優
posted by nyony at 10:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

ラリベイPK決めジェフ久々勝利

■■04.15 J2 第08節_ジェフ千葉_結果■■
山口●0vs1◯千葉(維新公園)
[goal] 千葉:90+1ラリベイ

 ジェフ、互いに2引き分け中の相手、山口とアゥエイ戦は1-0辛勝。勝利は久々、5試合ぶりか。
 後半ロスタイム、ジェフ高橋の得たPKをラリベイが決めて来日初ゴールで決勝点に。ルーキー高橋のPKはTVで見る限り誤審の雰囲気あったが実際はわからぬ。内容的にはジェフ一方的な試合で、序盤からの勢いからいつ点が入ってもいいようは押しムードが終始続いた。町田が先発入り、熊谷のボランチも安定が増し前線が活性化。何よりハイラインの広大なディフェンススペースを一人で担うキーパー佐藤の堅守が光った。リスクを負った戦法。ここをつけ狙った山口は一発カウンターで幾たびかジェフ人内に侵入。辛くも防いで無失点。ジェフも得点まで至らぬまま後半45分を超した。ラストはプレゼントのようなラリベイ初ゴールで終幕。

 ジェフ千葉 次戦は4/22(土)18:00、横浜FC戦@ニッパツ

順位表

football-lab

千葉
    船山 清武
      (↓菅嶋)
  高橋      町田
        
サリーナス    熊谷   北爪
(↓ラリベイ)(↓羽生)
キム・ボムヨン 近藤  若狭
           
      佐藤優
posted by nyony at 08:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

ジェフが群馬とドロー

■■04.08 J2 第07節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△0vs0△群馬(フクアリ)
[goal] 千葉:67高橋
  群馬:5高井
17.0408hukuari.jpg

 ジェフ、6連敗で再開沈む群馬をホームに迎え1-1ドロー。ジェフは高卒ルーキー、高橋が初ゴールを決めたメモリアルとなったが、このゴールは後半22分の同点弾。先制は群馬で試合開始早々、ジェフのハイラインをついたキーパーの頭を越えるループシュート。あぜんとするしかない先制を許し、群馬もハイラインを保ち互いに狭い中せめぎ合う団子状態だった前半。ジェフ側にゴールの匂いはせず、試合自体眠い内容だった。小雨そぼ降るフクアリ。風も強くまともなサッカーができる状態でなし、それでも前半、風上側にいた群馬の攻撃を先制以外ではうまくかわすことができていたか。
 後半に入り、ここ何試合か欠場してたジェフの10番 町田が久々登場で生まれ変わったようにジェフのパフォーマンスが上がり祭りのような猛攻。今シーズンの序盤、勝ててる頃のよく見たワンタッチでよくつながる華麗なるパスサッカーが見られた、のだが、なかなか取れない、と思ってた後半20分越え、ようやく生まれた流れの中でのゴール。決めたのはルーキー高橋。しかしこれまでずっと先発だったのでそろそろ取れてないと、のタイミング。その後も猛攻、とはならず、なんだか、丁寧につなぐ意識が強すぎたか、ジェフの攻撃の迫力がトーンダウンしてこう着状態に。なすすべなく終幕

 今季初のフクアリ生観戦。そぼ降る雨と舞う風で寒々しくコンディション悪、観客の入りも悪い。かろうじて勝ち点拾えてよかったか、これまで勝ち点無しの最下位相手に勝てなかったのは相性の悪さと見るか複雑

 ジェフ千葉 次戦は4/8(土)15:00、山口戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
    ラリベイ 清武
        (↓羽生)
  高橋      山本
        (↓町田)
サリーナス    熊谷   北爪
(↓船山)
キム・ボムヨン 近藤  多々良
           
      佐藤優
posted by nyony at 08:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

ジェフが京都戦ドロー

■■04.01 J2 第06節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△2vs2△●京都(フクアリ)
[goal] 千葉:8清武 90+1近藤
  京都:24小屋松 60仙頭

 ジェフ、2連敗後に3連敗中の京都とホームで対戦。序盤先制するも逆転され、さらには後半ロスタイムに同点弾ぶち込んで、辛くも2-2ドロー。不調な相手に終始攻撃を仕掛ける展開だども、点にはなかなか結びつかず、ハイラインの虚を突かれた反撃にて2点を奪われる始末。選手起用も模索中にて発展途上なのだけど、勝ちはコンスタントに欲しい。
 試合はダゾーン観戦でカリスマ実況、倉敷保雄氏がアナ担当。解説込みで軽妙洒脱な実況に思わず聞き込んでしまう系なのだが、試合内容自体はよろしくない。というか、タマ回ししてる部分では可能性感じるのだが、引いて守られてこじ開けきれない。なんだか、今のジェフの弱点をついた京都の網にはまってぬけれない展開。それでも動いたのは、今節控えに回ってたサリーナスが交代出場してからで、少し活性化。さらにロスタイム、そのサリーナスのクロスからDF近藤の千金同点弾が生まれた。負けは許されぬ試合で命拾いした試合。

 ジェフ千葉 次戦は4/8(土)15:00、群馬戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
    ラリベイ 清武

  高橋     山本
       (↓サリーナス)
比嘉    熊谷   北爪
(↓羽生) 
キム・ボムヨン 近藤  若狭
           (↓船山) 
      佐藤優
posted by nyony at 16:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

ジェフ今季初連敗

■■03.25 J2 第05節_ジェフ千葉_結果■■
湘南○2vs0●千葉(BMWス)
[goal] 湘南:31ジネイ 76奈良輪

 ジェフが前節松本戦に続き湘南に2点差負けを喫し後退ムード。しかし松本も湘南も強豪でアゥエイ戦ということで少し救われる。ジェフはこのところ町田が休場で前線での迫力が消えた。相手ディフェンスに抑えられすぎてるか。今節相手の湘南は守りが強固に加え前線にスピードがあって、何度も裏を取られていた。惜しいシュートが何本もあり、ジェフの大量点差敗戦の気配も感じた。
 新監督によるディフェンスラインを高く保つハイライン布陣のリスクがここ2戦で暴発したが、それ以前の試合では、見ていて十分おもろいサッカーになっていた。やり続けて形を作って欲しい

 ジェフ千葉 次戦は4/1(土)14:00、京都戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
    船山 清武
  (↓ラリベイ)    
 サリーナス     高橋   
 (↓吉田)   (↓山本)
比嘉   アランダ  北爪

  西野  近藤  若狭

      佐藤優
posted by nyony at 09:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

ジェフ今季初黒星

■■03.19 J2 第04節_ジェフ千葉_結果■■
松本○3vs1●千葉(アルウィン)
[goal] 松本:24田中 46 55高崎
  千葉:72清武

 ジェフがアゥエイ松本戦で1-3負け。中盤までに3点先行されたのち、加入後初出場、FW指宿が投入され反撃への勢いが急加速し、1点返礼。しかしそこまで。相性悪めのスタジアム、アルウィンの呪いか。松本の堅守に阻まれ、ボールは保持すれど、加点に結びつかなかった。風が強かったようだが、ジェフのオフェンス、これまでの試合のような迫力に欠けていたような。攻めの要、町田は欠場。高卒ルーキーの高橋はスタメン復帰したが目立った活躍なく。この試合ジェフで言えば、右サイド、サリーナスのドリブルダッシュが後半のせめ合いでキーポイントとなっていた。あとは新登場の指宿はタッパもあって迫力も備わり今後期待させる。あとは新加入のサイドバック、キム・ボムヨンも初登場となり存在感示していた

 ジェフ千葉 次戦は3/25(土)16:00、湘南戦@BMWス

順位表

football-lab

千葉
    船山 ラリベイ
   (↓指宿)    
  熊谷      高橋   
(↓キム・ボムヨン)
サリーナス アランダ  北爪

  西野  近藤  多々良
(↓清武)
      佐藤優
posted by nyony at 09:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ジェフがホームで名古屋粉砕

■■03.11 J2 第03節_ジェフ千葉_結果■■
千葉○2vs0●名古屋(フクアリ)
[goal] 千葉:44西野 90清武

 J2、3戦目。ジェフがJ1から初降格の名古屋を相手に2-0勝利。ボールポゼッション、シュート数も上回って完全制覇の様相。それでも危ない場面はあったが、ジェフが効率良い加点、決定力の差で名匠風間監督率いる強豪名古屋に勝利
 ジェフはこの試合、キャプテンの近藤がけが欠場で代わりにイヨンジュンが入り3バックを構成、前線には2列目熊谷が初先発でルーキーの高橋に代わって出場、高橋は負傷系か。
 序盤からジェフのハイライン、ハイプレスがうまく機能して攻勢が目立つ展開。ゴールが奪えたのは前半終了間際で、ガンバよりレンタルのDF西野がヘッドでフリーキックからのドンピシャ弾。後半に入ってからもジェフの優勢は変わらず、名古屋の裏に抜ける速攻もキーパーの佐藤が飛び出して芽を摘むなど、ギリギリの防戦でゼロ封達成。最後はロスタイム、今節も船山に代わり途中出場の清武が移籍後初ゴールを決めダメ押して2-0完封へ

 ジェフ千葉 次戦は3/19(日)14:00、松本戦@アルウィン

順位表

football-lab

千葉
    船山 ラリベイ
       (↓清武)
  熊谷      町田   
 (↓羽生)
サリーナス アランダ  北爪
(↓大久保)
  西野 イ・ジュヨン 多々良

      佐藤優
posted by nyony at 10:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

フクアリ初戦で山形にドロー

■■03.04 J2 第02節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△1vs1△山形(フクアリ)
[goal] 千葉:60船山
   山形:53阪野

 J2、2節でフクアリ初戦は元ジェフ監督、木山新監督率いる山形戦で、拮抗した試合の末1-1ドローに。ジェフのハイライン・前のめり戦略に対し、固く守ってカウンターの山形の陣形。序盤からジェフが攻め込む展開でゴールの匂いが漂いまくっていたが、前半までに両者に点なく。後半8分にいきなりの鮮烈カウンターからの得点を山形に許したジェフ。今節はトップにラリベイが入り、清武が控えに回った攻撃陣。そのラリベイが相手の先制から約5分後にPK奪取。これを蹴ったのは船山。信頼感にかけるストライカーだが、ここは相手の裏をついたか真ん中左めに蹴り込んで決め同点弾に。その後ジェフ勝ち越し点を狙うも次第に疲れも見えラスト付近押されムードで終幕。守備硬い山形にジェフの攻撃が通用せず。ジェフも相手カウンターを何度も受けたが1点に抑えてまずまずの戦い

 ジェフ千葉 次戦は3/11(土)14:00、名古屋戦@フクアリ

順位表

football-lab

千葉
   ラリベイ  船山
       (↓清武)
  高橋      町田   
(↓熊谷)   (↓佐藤勇)
サリーナス アランダ  北爪
  西野  近藤  多々良

      佐藤優
posted by nyony at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

新生ジェフ、開幕戦勝利

■■02.26 J2 第01節_ジェフ千葉_結果■■
町田●1vs○千葉(町田)
[goal] 千葉:40町田

 新監督を迎え、攻撃的新布陣を用いたジェフがJ2開幕戦、町田に1-0勝利。プレシーズンからディフェンスラインを高く保ちコンパクトな陣形で構える積極なやり口が、あまり巷の評価に結びついてなかったのだが、選手誰もがアグレッシブに戦い抜いたこの試合で、終盤は息切れ模様だったものの、通用することが証明された、かのよう。
 実際には前半こそ、圧倒し切れたものの、後半はディフェンス裏を簡単に取られるシーンも増え、相手の精度のなさに助けられた部分多いのだが、高卒ルーキー高橋の先発起用&使えるコマであるのも見れ、今後かなり期待を抱かせる内容に。前半はほぼ制覇できてたジェフ、虎の子の一点は、今シーズンより「10番」の町田で前半40分、一人ドリブルで持ち込んで相手をかわしゴール隅に流し込む名人芸。10番の仕事を初戦で見せつけた。新加入、清武も惜しいシーン見せてくれた

 ジェフ千葉 次戦は3/4(土)14:00、山形戦@フクアリ

ハイライト映像
順位表

football-lab

千葉
   船山  清武
(↓ラリベイ)(↓羽生)
  町田    高橋       
サリーナス     北爪
    アランダ
  西野 近藤 多々良
(↓イ・ジュヨン)
     佐藤優
posted by nyony at 12:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 17FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする