2018年03月28日

あん炊き名人の老女の行方

■PAST CINEMA■
あん
河P直美
18.0327an.jpg★★★☆☆

 老女の作る美味なるアンコにより人気店となるどら焼き屋だったが、やがて人がぱったり来なくなる不思議。その原因は当の老女にあった。
 樹木希林演じる老女に、永瀬正敏のどら焼き屋店主という異色コンビ、さらに常連客の女子高生として樹木希林の実孫、内田伽羅が配役された問題作。まぶしく咲き広がる桜の花を背景に(河P映画の特徴でもある)芝居けを感じさせないキャストたちの自然な振る舞い、により物語が静かに進行。切り取られる画面はとても狭く息苦しさを感じる。説明的要素がそぎ落とされたセリフを補完するようにキャストの表情をアップで映し出す。物語が進行するにつれ画面は広くなるが、それとともに老女が抱えていたとある病気の話に物語が傾倒してく

 桜咲き乱れる通りに面したどら焼き屋を舞台にした人間模様。甘党ではない、という店主が初めてうまいと認めたアンコを作る、あん炊き名人の謎の老女。店で働きたいという老女を力仕事だからと断る店主だったが、老女が置いていったあんをひとなめして作ってもらうとことにした。煮ている小豆に話しかけるほど愛情を注いで作るアンコによって程なく人気の店となるが、老女の手が不自由であることから人づてして風評被害となり客足が途絶える。老女はやめ、オーナーからは店の業態替えを迫られ酒浸りとなってた店主は店常連の女子高生ワカナの誘いで老女を訪ねることに…

official

posted by nyony at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | CINEMA_OLD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

侵略するは我にあり

■PAST CINEMA■
マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
マイケル・ムーア
17.0414MichaelMoore.jpg★★★☆☆

 ブラックユーモアをちりばめながら、人の生き方、人生観に迫るヒューマンドキュメンタリー。アメリカ万歳を叫びながら突撃取材を敢行、各国の人々と対面していくうち、常識の違いやその人らのイキイキした生き方を目前にしアメリカの悲劇的側面をあぶり出していく寸法。初っ端のイタリアでは、服飾系工場で働く夫婦をインタビュー、さらにその工場経営陣にも直撃、分厚い有給休暇や各種の厚生を目の当たりに唖然となるマイケル。さらにフランスでは小学校の給食に同席しコース料理を伴ったしっかりした食育の実情、さらに学費がかからないスロベニアの大学で、学生たちに借金を追わせないための努力を目の当たりにする、など
 自作自演ドキュメンタリー作家、マイケル・ムーアの日本では昨年(16年)公開作。いつもは権力側を切り込むマイケル、今作では第二次大戦以降は戦敗を続けるアメリカ当局からの依頼により各国を「侵略」しに乗り込む、という設定。一段と巨漢化した体を揺らしながら、世情を斬りまくる。そして最後ある結論にたどり着く

official

facebook

posted by nyony at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CINEMA_OLD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする