2015年11月24日

ジェフ、ホームで敗戦。9位終わり

■■11.23 J2 第42節_ジェフ千葉_結果■■
千葉●0vs2○讃岐(フクアリ)
[goal] 讃岐:9エブソン 80木島良
 
 勝てばJ1プレーオフ進出に望みがつながったJ2最終節で0-2敗戦。相手は讃岐。結果順位は9位と、これまでで一番下へと成績低迷。なんとも後味悪すぎな結末でしめくくり。
 ジェフはこの試合、代表戦からペチュニクが戻り、中盤はパウリーニョと佐藤勇人が出場停止明けで復帰。ベストに近い布陣で臨み勝利を期したが、序盤でなんとも痛すぎる失点。コーナーキックからの流れで讃岐ディフェンス、エブソンにヘッドで入れられた。讃岐は元来の守ってカウンターの得意なチームゆえ、得点で先行しようものならあとは堅く守るだけ。J2では失点が長崎に次いで少ないチーム。ジェフは貝のようになった讃岐のゴール前をひたすら崩しにかかるが、弾かれるだけ。そんな時間がその後ずっと続いた。後半は途中からケガ明けの井出も入って変化をつけるがこれでも崩せなかった。終了10分間には交代で入った讃岐ベテランFWに追加点を奪われ望みの綱が切れた状況に。なすすべがないとはこのこと。

 神戸より転籍の新しいGMが就任するなど、早くもフロントに動きあり

ハイライト映像
順位表

football-lab

千葉
    松田 ペチュニク
  田中       水野   
 (↓井出)  (↓オナイウ) 
  パウリーニョ 佐藤勇
        (↓佐藤健)
 中村           大岩
    富沢 キム・ヒョヌン
       
       岡本
posted by nyony at 09:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

バルサが4-0、レアルを撃破

■■11.21 リーガ・エスパニョーラ Round12■■
Real Madrid●0vs4○Barcelona (Santiago Bernabeu )
[goal] Barcelona:11スアレス 39ネイマール 53イニエスタ 74スアレス

 意外な大差をつけてバルサ(バルセロナ)が敵地でクラシコに勝利。両者ケガ明けの選手が出揃いがっぷり四つの試合が期待された1位2位対決は開けてみればバルサが結果内容ともワンサイドゲーム、完全制覇。
 バルサはこの試合、ケガ明けのラキティッチが先発、右ウイングにはムニルではなくセルジ•ロベルトを選択。ケガから復活のメッシはベンチスタート。序盤こそホーム、レアルに押し込まれていたが徐々に押し返しボール保持率を高めると、早くも先制点に到達。右サイド、セルジ•ロベルトが中へ切れ込み右サイドめにいたスアレスにラストパス、ディフェンスの裏をついたスーパースルーパスによってスアレスは難なくゴールを決めた。バルサにとって今季最速のゴール、レアルとしては今季最速失点のメモリアル。その後もバルサのワンサイドが続き。39分には今度はイニエスタのスーパースルーパスによりネイマールがゴールしバルサ2点差先行。後半は序盤からレアル勢いを盛り返すもバルサの堅守に阻まれる。するとバルサの反撃、今度は8分にネイマールの絶妙の落としにイニエスタが走り込んで蹴り込み追加点。ここでバルサ、メッシを投入でさらに支配を強め、29分にはスアレス2点目のゴールを決め試合を完結させた

 バルサ次戦は、11/28(土)24:00 ソシエダ戦、ホーム

ハイライト

バルセロナ

ネイマール スアレス セルジ・ロベルト
           
  イニエスタ   ラキティッチ
 (↓ムニル)ブスケツ(↓メッシ)

ジョルディ・アルバ       D・アウベス
   マスチェラーノ  ピケ
   (↓マチュー)
       ブラボ
posted by nyony at 10:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

ジェフ、点取れず岡山に敗戦

■■11.14 J2 第41節_ジェフ千葉_結果■■
岡山○1vs0●千葉(Cスタ)
[goal] 岡山:74矢島
 
 J2ラス前、ジェフはアゥエイ岡山戦で0-1敗戦。互いに貴重なPKを得、片方は確実にゲット、片や止められ、それだけの違いなのに結果は大きく、負ければ勝ち点3を得られない。ジェフは取りこぼしでJ1昇格プレーオフ圏外へ脱落。しかも次節が最終戦で可能性はわずかにしか残らなくなってしまった。プレーオフへ向けては勝ちが最低条件でしかもある程度点差をつけねばならぬ崖っ淵。
 冷たい雨が降りつける試合で水が溜まる部分もありの悪馬場。ジェフは代表戦やら出場停止でレギュラーメンバを幾つか欠く急造布陣。岡山もフルメンバではなかった模様。中盤の競り合いでは岡山が制していたような前半。ジェフは時折攻勢にかけて惜しいところまで行ったが点なし。後半29分に岡山がコーナーキックの際のファールでPKを得てこれをゲット。ジェフは背水。水野、オナイウ、金井と攻撃の駒を投じ、変化を求め、これに応えてオナイウがPKゲット、85分位か。しかしPK、松田が外し、後はJ2屈指の堅守を誇る岡山に封じられてセット。

 次節最終節11/23(月)14時、讃岐戦@フクアリ

ハイライト映像
→順位表http://www.sponichi.co.jp/soccer/games/2015/j2/stats/standing.html

football-lab

千葉
     町田  森本
   (↓水野)(↓オナイウ) 
  松田       田中   
    
    田代 佐藤健
  (↓金井)
 中村           大岩
    富沢 キム・ヒョヌン
       
       岡本
posted by nyony at 09:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ジェフ、ヴェルディに辛勝

■■11.08 J2 第40節_ジェフ千葉_結果■■
千葉○1vs0●東京V(フクアリ)
[goal] 千葉:10森本
 
 前半10分森本のゴールが決勝点となった。ジェフ久々の勝利は森本の虎の子1点が呼び込んだ。今シーズン調子良さげでこのところ低調のヴェルディが相手で、迎えるホームのジェフも勝ちが久しいゲーム前。ジェフは前節ケガを負った水野がベンチに控え、田中が右サイドに入った。キーパーは岡本が久々に出場。立ち上がり、ややジェフが押しムードの中、10分に森本の先制弾。前線へのフィードを松田がつなぎ、森本が迷いなく蹴り入れた。なんだかすっきりとした森本にしては意外性のあるゴールでジェフ先行。そぼ降る雨の中、中盤での主導権争い続き前半はじぇふがやや優勢で進行。追加て奪えず。すると後半はヴェルディ攻め基調が続き、枠内シュート幾度も浴びたが、ほとんど岡本の正面。あとはギリギリディフェンスの網で防ぐシーンも幾度か。ジェフにとってはかなり危ないシーンありつつそれら防いで、しかし反撃も迫力なく追加点なし。1点差勝利で昇格争い圏内に踏みとどまった。昇格プレーオフは6位までで、ジェフは6位。しかしその下、長崎、ヴェルディがジェフと勝ち点同じでつらなる混戦。あと2試合

 次節11/14(土)17時、岡山戦@Cスタ

ハイライト映像 
順位表

football-lab

千葉
     森本 ペチュニク
    (↓安)(↓佐藤健)
  松田       田中   
(↓北爪)     
   佐藤勇 パウリーニョ

 中村           大岩
    富沢 キム・ヒョヌン
       
       岡本
posted by nyony at 08:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

ジェフ、鬼門札幌ドームに散る

■■11.01 J2 第39節_ジェフ千葉_結果■■
札幌○3vs2●千葉(札幌ド)
[goal] 札幌:69福森 76石井 90上原
   千葉:45ペチュニク(PK) 74金井
 
 ジェフ千葉、これまで勝ち星がない札幌ドームで惜しい星落とし。先制して追いつかれ、また突き放すも、追いつかれ、ロスタイムに勝ち越される悲劇。鬼門札幌ドームの呪縛でJ1昇格に向けては厳しい敗戦に
 前節岐阜に負けてるジェフに対し、札幌も前節下位低迷の大分に負けており、しかもJ1昇格に向けては勝たなければ望みが絶たれる跡がない状況。序盤から果敢に攻め込む札幌。ジェフはこのところ前線右サイドに位置する水野が攻撃の要となっているが、その水野にアクシデント。札幌の中盤との接触で負傷し退場、矢沢と代わり、ジェフとしては核を失った状態に。しかし徐々にペースを取り戻したジェフは前半終了間際、森本がうまくPKをもらって、ペチュニクが決めて先制。ペチュニクのPKは安心感ある。後半に入り更に圧力を高めた札幌はディフェンスの福森が同点弾を上げる。ジェフは今日左サイドで先発の中村を金井に変えており、その金井が勝ち越し弾。左からのクロスめの弾道がゴールイン。しかしすぐさま札幌に返され同点。さらに札幌がかさにかけてロスタイムに押し切った。前節もショックな負けだったが、今節はそれ以上、ショックな終幕

 次節11/8(日)13時、東京V戦@フクアリ

ハイライト映像 

football-lab

千葉
     森本 ペチュニク
    (↓安) 
  松田      水野   
         (↓谷澤)
   佐藤勇 パウリーニョ
  
 中村          北爪
(↓金井)富沢 大岩
       
       高木
posted by nyony at 10:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

スアレス、ネイマがアベック弾でバルサ快勝

■■10.31 リーガ・エスパニョーラ Round10■■
Getafe●0vs2○Barcelona (Madrid)
[goal] Barcelona:37スアレス 58ネイマール

 バルサ(バルセロナ)がアゥエイで2-0勝利。エース2人、スアレス、ネイマールがそれぞれゴール決め結果快勝に見えたが、序盤は苦戦模様で、バルサ押し込んで見えつつ、カウンター一発でゴールまで迫られるシーンも多く、それらをなんとか乗り切って、徐々にペースをつかんでいった。2ゴールともアシストはセルジ・ロベルトでケガ明けで久々先発、2列目に入って好機を作り続けた。
 37分のスアレスのゴールはセルジからのゴール前に進んでいたスアレスにつなげたなにげないけどスーパーなスルーパスで、スアレスはキーパーとの1対1の場面、ワンフェイク入れての流し込み。バルサらしい美的なゴール前でのシーン。2点目は相手コーナーキックよりの流れで、右サイドでドリブルで持ち上がったセルジが、少しためて味方の上がりを待ち、左のネイマールを選択、ループでクロスを供給、ネイマールはこれもまたなにげないけどスーパーなボレーで相手ポストへ突き刺してバルサ2点目。鮮やかな流れからのゴール2発で、印象としてバルサが順当の快勝。

 バルサ次戦は、11/8(日)24:00 ビジャレアル戦、ホーム

ハイライト

バルセロナ

ネイマール  スアレス  ムニル
           (↓イニエスタ)
 セルジ・ロベルト  ラキティッチ
 (↓サンドロ )ブスケツ

ジョルディ・アルバ       D・アウベス
     マチュー   ピケ
   
       ブラボ
posted by nyony at 10:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ジェフ、大分に追いついてドロー

■■10.18 J2 第37節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△2vs2△大分(レベルファイブ)
[goal] 千葉:55 90ペチュニク
   大分:21荒田 35若狭

 ジェフ千葉、相性がいいはずの大分にホームでドロー。何しろ死闘。両者殴り合いの様相でまあ動きはあった試合。大分は今シーズン下位に低迷で下部リーグ降格の危機にあり必死の戦いを示し、前半まで2点先行。ジェフとしてはホームでまさかの2点ビハインドで折り返し。特にそれほど相手に優位に立たれている感じでもなかったのが、後半もそんなペース。シュートはことごとく阻まれ、それでもやっと1点返す。このところキーマンとなってる右サイド水野からクロス。相手ゴール前でドンピシャで合わせたのはペチュニクでジェフ得点王が久々のゴール。さらに終盤に入り、ジェフの猛攻は続き、ロスタイム、交代で入っていた金井が倒されPKゲット。蹴ったのはペチュニクで、なんと真正面に蹴り込んで見事にゴールイン。残りは大分が反撃ムードになったが、何とかジェフが食い止めドロー終わり。後味は悪くないがホームで勝ち点1は厳しい

 次節10/25(日)19時、岐阜戦@長良川

ハイライト映像 

football-lab

千葉
     松田 ペチュニク
    (↓町田)  
 谷澤           水野   
    
   佐藤勇 パウリーニョ
  (↓安) 
 中村           大岩
    富沢 キム・ヒョヌン(↓金井)
       
       高木
posted by nyony at 08:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

ジェフ、福岡に負け

■■10.10 J2 第36節_ジェフ千葉_結果■■
福岡○1vs0●千葉(レベルファイブ)
[goal] 福岡:24鈴木

 ジェフ千葉、アゥエイで福岡戦は0-1負け。J2で現在3位の強豪チームに成り上がった福岡はどちらかというと相手にボール持たせ、堅守で速攻仕掛けるタイプか、トップには屈強なブラジルFWウェリントンがいて、彼めがけどんどんボールを放り込んでくる明解なチーム。前半は先制されたものの、ジェフが優勢で攻められていたようには見えた、が、ゴールなしで進行。ジェフの布陣はあまり見たことない3バックで、普段はセンターバックの富沢がボランチの底に上がって左サイドに栗山が入った。定位置の中村は控え。トップはペチュニクが代表戦で帰国しており代わりにオナイウが入り松田と2トップ。サイドは水野と前節太ももを痛めた井出に代わり元福岡の田中がスタメン。ゴール前をガッチリ固める福岡に対し、ジェフは右サイドの水野のクロスを主に好機を切り開こうとするもあと一歩。後半に入り、福岡は1点優位に立ち余裕の球回しでジェフを翻弄。もはやチーム連携で実力差がにじみ出る。ジェフは中村や町田、森本ら攻撃陣を投入するも打開できず、撃沈。

 次節10/18(日)15時、大分戦@フクアリ

ハイライト映像 

football-lab

千葉
     松田 オナイウ
       
 田中          水野   
(↓中村)       
   佐藤勇 パウリーニョ
  (↓森本)富沢
 栗山          大岩
(↓町田)キム・ヒョヌン
       
       高木
posted by nyony at 09:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

ジェフ、愛媛に雪辱の辛勝

■■10.04 J2 第35節_ジェフ千葉_結果■■
千葉○1vs0●愛媛(フクアリ)
[goal] 千葉:16井出

 ジェフ千葉、前回アゥエイで敗れた愛媛に1-0辛勝。この結果、前節まで勝ち点で上にいた愛媛を抜き順位ジャンプアップでプレイオフ圏内の5位浮上。しかし愛媛も含め5位から8位までは勝ち点差1でほぼ同率団子レースで連勝なしには浮き上がれない。
 ジェフはこの試合、トップの森本が外れてペチュニクが上がり松田と2トップ、代わりに井出が中盤に入り、久々先発で重要な仕事を果たす。前半16分、ジェフ反撃の流れで、このところ右サイドで先発が続く水野からのピンポイントクロス。ターゲットの井出が相手ゴール前で膝で合わせて先制点ゲッツ。相手ディフェンダーとの競り合いの中で超難度の合わせ技。しかしその井出は太ももの故障で前半までに矢沢と交代。井出のケガはその後歩けているようで大事ではない模様。前半はジェフ押し気味。しかし後半、元ジェフ監督木山監督就任で今シーズン、ブレイク中の愛媛の反撃開始。しかしそれほどの脅威とはならず、ジェフも追加点まで行けず1-0で幕。

 次節10/10(土)16時、福岡戦@レベルファイブ

ハイライト映像 

football-lab

千葉
     松田 ペチュニク
       (↓オナイウ)
 井出          水野   
(↓谷澤 )       (↓田中)
   佐藤健 パウリーニョ
      
 中村           大岩
    富沢 キム・ヒョヌン
       
       高木
posted by nyony at 09:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

‥kichijoji ‥SEP26

■■09.27 J2 第34節_ジェフ千葉_結果■■
大宮○2vs1●千葉(フクアリ)
[goal] 大宮:34ムルジャ 50和田
 千葉:88オナイウ
 
 ジェフ千葉がJ2首位独走の大宮に1-2敗け。下位に弱く、上位に強い、という自分内伝説をくじく結果。序盤からある程度ボール保持でき、シュートシーンも多く可能性を感じたのだが、一瞬の隙を突かれて、大宮のトップ、ムルジャに先制弾取られ、そこからは徐々に押し込まれる展開に。先制点とれば負けないを20試合越えで伸ばしてる大宮。なんともいやらしい時間工作というか、いいようにいなされての時間が訪れた後半。さらに追加点も許し、ジェフは田中、オナイウを2枚変えで投入、さらに矢沢も入れ糸口をつかもうとするも、いなされの空気冷めやらぬ。それでも終盤43分にオナイウが怒りのヘッド弾決める。左サイド田中からの折り返しをドンピシャで決めた。しかし反撃はそれまで、相変わらずの厳しい結果

 次節10/4(日)15時、愛媛戦@フクアリ

ハイライト映像

football-lab

千葉
     松田 森本
       (↓オナイウ)
 ペチュニク       水野   

   佐藤健 パウリーニョ
  (↓谷澤 )    
 金井           大岩
(↓田中)富沢 キム・ヒョヌン
       
       高木
posted by nyony at 08:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

バルサ辛勝。メッシ負傷離脱

■■09.26 リーガ・エスパニョーラ Round06■■
Barcelona○2vs1●Las Palmas(Camp Nou)
[goal] Barcelona:25 54スアレス
  Las Palmas:88ジョナタン•ビエラ

 バルサ(バルセロナ)が今季昇格組のラス・パルマスをホームに迎え、2-1辛勝。しかしキャプテンのメッシが序盤で負傷交代。相手選手との交錯で左ひざを捻挫し全治7〜8週間の離脱と発表されている。
 試合はバルサがスアレスの2ゴールで先行し、にラス・パルマスの反撃を終盤の1点で抑え2-1勝利となった。前節セルタに1-4大敗食らったバルサは中盤にブスケツ、マスチェラーノ2枚を置く守備重視の布陣で臨んだ。右サイドバックにはセルジ・ロベルトが入り、再三持ち上がってクロスを供給。スアレスの前半25分の先制弾もセルジ・ロベルトのクロスがゴール前のスアレスにミートしてゴールを生んだ。メッシで交代で入ったムニルはアピールの機会を得たがあまり存在感を示せず。後半にサンドロと交代される試練。あと連続ゴールがかかっていたネイマールはスキンヘッドでイメチェンし臨んだが、PKを外すなどこの試合では輝きを見せれずじまい

 バルサ次戦は、10/3(土)23:00 セビージャ戦、アゥエイ

ハイライト

バルセロナ

 ネイマール  スアレス  メッシ
             (↓ムニル)
   ブスケツ ラキティッチ(↓サンドロ )
     マスチェラーノ
  
アドリアーノ        セルジ・ロベルト
(↓グンバウ)バルトラ  ピケ
   
      テア・シュテーゲン 
posted by nyony at 09:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

バルサがセルタに大敗

■■09.23 リーガ・エスパニョーラ Round05■■
Celta○4vs1●Barcelona(ビーゴ)
[goal]Celta:26ノリート 30 56イアゴ・アスパス 83グイデッティ
  Barcelona:80ネイマール
   
 リーガ5節で番狂わせ。バルサが4失点で大敗。相手は今季上位につけるセルタで、バルサは初黒星で順位も5位に後退。序盤からセルタのペースで進行した試合。これはtv解説にもあった通り攻撃は最大の防御、的に傘にかけてバルサ陣内に侵入してきたセルタ、時に左サイド、ウイングに位置したノリートが再三持ち上がってクロスを上げていたが、そのノリートが26分に先制弾決めた。さらに4分後、バルサが攻め上がってたい間隙を突きイアゴ・アスパスが独走、キーパーの1対1をおしゃれにループで決め2点目。後半にはイアゴは後半にゴール。バルサは徐々に前への圧力を増すのだが、なかなかゴールが決まらぬ。そしてようやく返せたのが後半35分でネイマールがメッシのパスを相手ゴール前でさばいて流し込んだ。しかし、セルタはこの試合2ゴールのイアゴ・アスパスに代わって入ったグイデッティが38分にダメ押し弾決め万事休す。珍しいバルサの敗戦だが、セルタの分厚い攻撃が目立った試合

 バルサ次戦は、26(土)23:00ラス・パルマス戦、ホーム

ハイライト

バルセロナ

 ネイマール  スアレス  メッシ
       イニエスタ 

    ブスケツ  セルジ・ロベルト
  (↓ラキティッチ)(↓ムニル)
マチュー          D・アウベス
   マスチェラーノ ピケ
   
      テア・シュテーゲン 
posted by nyony at 10:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェフが3試合ぶり勝利。松田力2点

■■09.23 J2 第33節_ジェフ千葉_結果■■
千葉○2vs0●栃木(フクアリ)
[goal]千葉:47 80松田
 
 ジェフ千葉、これまで対戦成績がタイの難敵、栃木をホームに迎え、2-0勝利。久々、3試合ぶりの勝ち。ジェフはここ何試合か、入りはどちらかというとペースをつかめていて負ける気がしない印象で結果ドローだったり惨敗したりが続いたのだが、この試合はまるで勝つ気がしないくらいに押し込まれまくっていて、結果勝ったのが不思議なくらいの立ち上がり。栃木は負ければ最下位転落(=J3転落)でケツに火が付いている状況もあるが、まるきり中盤の争いで栃木に分があり、ワンタッチパスをポンポンつなげてくる小気味いいサッカーを展開。しかしシュートに結びつかず、ジェフがカウンター気味の仕掛けで惜しい場面パラパラ作った前半。後半は頭からジェフが躍動。4分には森本が中央で溜めて、前線に出張ってた松田に当てるパス、松田はこれをうまくさばいてシュートしてゴールイン。さらに35分には、交代で入っていたオナイウのパスを右足外側で相手ゴールへパント気味に流し、ゴールイン。超絶技術の2ゴールで松田が救った試合。松田は2ゴールはプロ初だと。

 次節9/27(日)16時、大宮戦@NACK5

ハイライト映像 

football-lab

千葉
     松田 森本
       (↓井出)
 ペチュニク       水野   
(↓オナイウ)
   佐藤健 パウリーニョ
        
 金井           大岩
(↓北爪)富沢 キム・ヒョヌン
       
       高木
posted by nyony at 10:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

バルサがレバンテに順当勝ち

■■09.20 リーガ・エスパニョーラ Round04■■
Barcelona○4vs1●Levante (Camp Nou)
[goal]Barcelona:50バルトラ、56ネイマール、61 90メッシ 
   Levante:ビクトル 66'
  
 リーガ4節。下位に沈むレバンテと対戦し、バルサ(バルセロナ)4-1で勝利。序盤から攻め続けるバルサに対し、硬くゴール前を閉ざすレバンテの、いつものバルサの試合模様。しかし前半までのゴールなく折り返し。後半に入り意外なゴールがバルサに決まる。メッシのふわっと浮かせたクロスに相手ゴール前で反応したのはディフェンスのバルトラでうまく胸トラップで足元に落としそのままゴール。その後ネイマールもゴールし追加点。相手ゴール前の混雑の中、2人の股抜きでゴロで決めた。次はメッシのPK、これはネイマールが倒されて得たPKをメッシが決めた。次にバルサは初登場選手を投入、下部組織出身のグンバウをブスケツに代えた。すると一瞬の隙をつきカウンターを仕掛けたレバンテが前に人数をかけ押し切り1点を返した。がすぐさま今度はメッシが自らPKを得てPKをけったがこれは外してしまいゴールならず。このところメッシのPK外す場面をよく見る。この日絶好の位置でのフリーキックも何本かあったが、メッシは決めることできなかった。同じような位置からネイマールは今シーズンフリーキック決めてるが、メッシがピッチにいなかった時だった。終盤メッシがダメ押して都合4-1で危なげなくバルサ勝利に

 バルサ次戦は、24日(水)3:00セルタ戦、アゥエイ

ハイライト

バルセロナ

 ネイマール  サンドロ  ムニル
         メッシ

      ブスケツ  ラキティッチ
     (↓グンバウ)
アドリアーノ       D・アウベス
   バルトラ マスチェラーノ
   (↓マチュー)
      テア・シュテーゲン 
posted by nyony at 09:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェフ森本先制も逆転され

■■09.20 J2 第32節_ジェフ千葉_結果■■
北九州○3vs1●千葉(本城)
[goal]北九州:55原 87小松 89渡
  千葉:40森本

 ジェフ千葉、アゥエイ北九州戦で1-3敗け。ジェフ森本が2試合連続ゴールで前半のうちに先制するも、後半なんと3点取られ撃沈。北九州にはこのところ勝ててないニガテ意識か完敗模様。それでも前半のうちは森本ゴールのほか、チャンスも作れており負ける気がしない雰囲気はあった。まあ、先制してればいつものこと。追加点が取れない苦しさはこのところ毎回のように思う。北九州は後半の同点弾は強風風上に乗ったFW原のラッキーなゴールで、その後も勢いを増していった。終盤で連続ゴールはホームで勝利の気持ちが取った執念の2点。ジェフはそんなのに付き合う必要はないのに、なぜか後手を踏む厳しさ。
 ジェフは今日はスタメンに水野が入っており、水野バス出しからの松田あたりのゴールが期待できたが、相手にケアされたか、場面作れずじまいで水野は後半途中交代。代わりに入って矢沢にも期待してたが、決定的なところまで作れず。松田もこのところゴールが出ない。厳しい。

 次節9/23(水)16時、栃木戦@フクアリ

ハイライト映像 

football-lab

千葉
     松田 森本
       (↓田中)
ペチュニク       水野   
           (↓谷澤)
   佐藤健 パウリーニョ
        (↓アン)
 中村         大岩
   富沢 キム・ヒョヌン
       
       高木
posted by nyony at 09:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

ジェフ森本ゴールも追いつかれる

■■09.13 J2 第31節_ジェフ千葉_結果■■
千葉△1vs1△京都(フクアリ)
[goal]千葉:36森本
  京都:87大黒
 
 ジェフ千葉、京都を迎え1-1ドロー。共に8月から公式戦負けなしで復調ムードのチーム同士対決は、ジェフが前半のうちに先制するも京都が終盤追いついてのドロー。ジェフにとってはホームで勝ち越し逃げ切りが最後で途切れ徒労感の激しい試合に。
 ジェフはこの試合、Wボランチが新コンビ、パウリーニョが復帰し富沢が一段上がって位置した。前はこのところゴール決めてる松田とゴールが欲しい森本がコンビ。序盤から両者にやや慎重な出足でチャンスは少なめだったが、36分にジェフが先制。相手の攻撃からの押し返しでペチュニクが前にフィード。松田がシュートしこぼれを森本が詰めた。森本は6月以来のゴール。後半はジェフは守勢に回り相手をいなす展開となったが、京都は前の選手、大黒とフェホを入れ徐々に圧力を増していくと、42分に大黒が同点弾を決めた。それまで何とか守りきれていたが、最後に一つほころびが出た。ジェフはその後代わって入ったFWのアンが奮起するもゴール届かず。ドロー終わりに

 次節9/20(日)16時、北九州戦@本城

ハイライト映像 

football-lab 

〈千葉〉http://jefunited.co.jp/
     松田 森本
       (↓アン)
 井出        ペチュニク   
(↓田中) 
    富沢 パウリーニョ
 中村    (↓金井) 大岩
   栗山 キム・ヒョヌン
       
       高木
posted by nyony at 08:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

バルサがアトレチコに逆転

■■09.12 リーガ・エスパニョーラ Round03■■
Atletico Madrid●1vs2○Barcelona(Camp Nou)
[goal]Atletico Madrid:51F・トーレス
   Barcelona:55ネイマール 77メッシ

 リーガ3節。全勝対決でバルサ(バルセロナ)が勝利。リーグ戦、いつもの通りバルサ一方的に攻め続ける展開とはならず、力をつけたアトレチコ相手で激しい中盤の攻防戦でおもろい試合に。それでもバルサは盛んにサイドチェンジを繰り広げ相手を振り切り打開を図り、徐々にバルサのペースへと進行。しかし先制は後半に入ってからアトレチコが決めた。バルサ戦では13戦9得点のバルサキラー、トーレスがゴールした。カウンター一発。ディフェンスとの競り合いで一歩抜け出し鮮やかなシュート。弾道はポストを経由してバルサゴールに突き刺さった。しかしバルサはすぐさま反撃でネイマールがフリーキックを得、そのままキックしフリーキック直接ゴールでバルサ同点。いつもならメッシがけるところ。メッシはこの試合珍しく先発外れてた。前日に第二子誕生で練習を欠席していたせいか。しかしバルサ同点ゴールの直後、メッシ登場、ラキティッチとの交代出場。そして決勝点はメッシ。31分、アルバのパスを中央で混戦する中スアレスがタッチし走りこんでたメッシがほぼフリーでシュートしゴール決めた。この試合幾度も出たバルサの細かいパス回し、足技の連携が最後花咲いた。ネイマール、メッシは今季初ゴール。
 
 バルサ次戦は、21日(日)3:30レバンテ戦、ホーム


ハイライト

バルセロナ

 ネイマール  スアレス  ラフィーニャ

   イニエスタ  ラキティッチ
         (↓メッシ)
       ブスケツ 
ジョルディ・アルバ        セルジ・ロベルト
   ヴェルメーレン マスチェラーノ
   (↓マチュー)
      テア・シュテーゲン 
posted by nyony at 10:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

ジャパンがやっと大勝

■■W杯アジア2次予選■■
Afghanistan●0vs6○JAPAN(テヘラン)
[goal]JAPAN:10香川 35森重 50香川 57 60岡崎 73本田

 W杯2次予選でアゥエイ、アフガニスタン戦は6-0で勝利。格下が揃ったグループステージで初めて6点差をつけた大勝。これまで、シンガポールに0-0、5日前のカンボジア戦ではほとんど時間攻め続けながらも3点しか奪えず停滞ムードだったが、3戦目でやっとの大勝ち。本田、香川、岡崎のビッグ3も揃ってゴール。日本代表は格下との公式戦で得点を稼がないと通算得点数が伸びないが、ここへきてやっとゴールあら稼ぎモードに。
 ジャパンは前節の先発からは左ウインガーを武藤から原口に変えた布陣。原口はどちらかというと武藤よりはつなぎ役のニュアンスもあり、相手のディフェンスの緩さもあって、前節の相手ゴール前の渋滞感が薄れ前線のパス回しがスムーズに。10分に香川が遠目から低い弾道でのミドルを決め先制。前半はあとDF森重が決めたが、これは本田の折り返しをゴール前にいた森重が決めたもの。本田のパスはゴールラインを割ってから打たれた感じもしたが、これは取られずにゴールが認められた。後半はジャパンが4ゴール。途中、交代で入った選手は宇佐美と武藤と終盤で遠藤。武藤はハマりきれなかったよう

 W杯予選 次戦は10/8 シリア戦(オマーン)

勝敗表


〈JAPAN〉
      岡崎
  原口       香川  
      本田  (↓武藤) 
  山口蛍  長谷部
長友     (↓遠藤) 酒井宏
    森重  吉田 (↓宇佐美)
      
       西川

posted by nyony at 09:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

ジャパン攻めあぐねるも3点奪取

■■W杯アジア2次予選■■
JAPAN○3vs0●Cambodia(埼玉)
[goal]JAPAN:28本田 50吉田 61香川

 W杯予選で格下カンボジアとのホームでの戦いは3-0勝利。ジャパンは予想通り、終始カンボジア陣内に押し込んで猛攻を仕掛ける展開。カンボジアは選手全員が自陣に引き穴熊戦を強いられる状態、キーパーのセービングも含め最後は割らせない状況が続くが、それも28分まで、ジャパンは本田が決めた、ミドル目の低い弾道は相手キーパーの手をかすめネット揺らした。やっとの先制。本田はほぼ中盤でジャパンの攻撃の起点として君臨する活躍。追加点は後半に入ってからで、カンボジア陣内、それもポスト前で両選手が渋滞する中、ジャパンのディフェンス吉がミドル弾。観戦する側にとっても意外性のあるゴールで2点目。さらにこの試合再三ゴールチャンスを外していた香川が決めた。味方のシュートの跳ね返りを的確に決めた。その後ジャパンは前線に交代で入った宇佐美、興梠、原口らが前のめり気味でますます渋滞しゴール奪えず。それでも貴重な2次予選初勝利に

 W杯予選 次戦は8日(火) アフガニスタン戦(テヘラン)

勝敗表


〈JAPAN〉
      岡崎
 武藤 (↓興梠)  香川  
(↓宇佐美) 本田 
  山口蛍(↓原口)長谷部
長友          酒井宏
    森重  吉田
      
       西川
posted by nyony at 09:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

バルサがマラガにホームで辛勝

■■08.29 リーガ・エスパニョーラ Round02■■
Barcelona○1vs0Malaga(Camp Nou)
[goal]Barcelona:73ヴェルメーレン

 リーガ2戦目でバルサ(バルセロナ)のホーム今季初戦、マラガ戦は1-0辛勝。終始攻め続け、ディフェンス陣も含めほとんどの時間、敵陣内でアタックを続けたバルサだったが、相手ゴールを割れたのは1度きり。後半28分ディフェンスのヴェルメーレンがフリーキックからのこぼれをボレーで叩き込んで、バルサ加入後初ゴールを決めた。
 バルサはこの試合、ネイマールがおたふく風邪から復帰し、スアレス、メッシを合わせMSN3トップが今季初お目見え。前半はそれでもスアレスのヘッド弾など惜しい場面幾つかあったが、ファールや相手キーパー、カメニの好守に阻まれた。1度はバルサのキーパーの位置を見てマラガのフアン・カルロスがロングシュートを放ち、惜しくも外れるシーンもあった。後半同じくバルサの攻勢が続き28分に均衡を破るヴェルメーレンのボレーが決まった。その後はバルサ難なくリードをキープし開幕2連勝達成
 
 バルサ次戦は、9/13(日)3:30Aマドリー戦、アゥエイ


ハイライト

バルセロナ

 ネイマール  スアレス  メッシ
 (↓サンドロ)
   イニエスタ  ラキティッチ
         (↓ラフィーニャ)
       ブスケツ 
ジョルディ・アルバ        セルジ・ロベルト
   ヴェルメーレン マスチェラーノ
   (↓マチュー)
        ブラボ 
posted by nyony at 10:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

ジェフ松田のロスタイムゴールで勝利

■■08.23 J2 第30節_ジェフ千葉_結果■■
横浜FC●0vs1○千葉(三ツ沢)
[goal]千葉:90+5松田
〈ジェフ松田のロスタイムゴールで勝利〉
 
 名古屋からのレンタル加入、松田がまたも殊勲弾。2試合連続ゴールが決勝点でジェフ勝利。しかもロスタイム終わりギリギリの土壇場ゴールと劇的な試合。
 このところ勝ててないジェフ千葉がアゥエイ三ツ沢に乗り込み6連敗中の横浜FCと対戦。ジェフは前節長崎戦と変わらぬ先発陣。松田&オナイウの2トップ。序盤から横浜が押し気味で進むもなんとかゴールを守ったジェフは後半から徐々にペースを握り猛攻ムードに。矢澤、森本と交代で入れ、最後40分にはDF栗山を入れ前節と同じくパワープレーに進行、相手ゴールへの圧力も増し惜しいシーンが続出。最後は松田の千金ゴールで寄り切った。得点源、中村からのコーナーキック。横浜は直前に巨人フォワード、大久保を入れており、このコーナーも大久保がニアで壁を築いていたが、ジェフは枚数で1枚優位に立てた。松田は決めた瞬間、ゴールインがわからなかったが、フクアリの歓声で入ったと分かったと。年に1か2起こるかわからぬ劇的弾。

 次節9/13(日)19時、京都戦@フクアリ

ハイライト映像 

football-lab 

千葉
     松田 オナイウ
       (↓ 森本)
 井出        ペチュニク   
(↓谷沢) 
    佐藤健 佐藤勇
 中村     (↓栗山) 金井
   富沢 キム・ヒョヌン
       
       高木
posted by nyony at 08:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

ビルバオがバルサおさえコパ制覇

■■08.17 スペイン・スーパーカップ 2nd leg■■
Barcelona△1vs1△Bilbao/total score1-5(Camp Nou)
[goal]Barcelona:43メッシ
 Bilbao:74アドゥリス

 1戦目ビルバオ4-0圧勝で迎えたスーパーカップ2戦目はバルサ(バルセロナ)ホームで1-1に終わり、トータルでビルバオが5-1、31年ぶりのコパ制覇。
 6冠がかかったバルサは5点取らなければ落としてしまうプレッシャーからか、なかなかビルバオの堅守を崩せぬ展開。ビルバオも守ってばかりでなく、前線から厳しくプレッシングにかかり、時に反撃。それでもバルサは前半終了寸前にやっと先制点奪う。43分、右サイド、ラキティッチのクロスを相手ゴール前でスアレスが落としこれをメッシが胸でさばいてゴール。後半に入り11分になんとディフェンスのピケが審判への抗議でレッド退場。バルサは1人少ない戦いに。23分には若手フォワード、サンドロとムニルを投入するも、それからはなんだか攻撃は停滞ムードに。ピケの退場からあきらめムードただよいがち。さらに29分になんとビルバオがゴール。FWのアドゥリスがふいにバルサゴール前にボールが転がってきて、どフリーでゴール。あっさりとアゥエイゴール、そして前節あわせ4点目を決める。バルサは万事休す

 リーガ開幕戦で両者再び対戦、24日(月)1:30


ハイライト

バルセロナ

  ペドロ  スアレス  メッシ
 (↓サンドロ)
   イニエスタ  ラキティッチ
         (↓ムニル)
       ブスケツ 
マチュー           D・アウベス
     マスチェラーノ ピケ
    
        ブラボ
posted by nyony at 10:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

ジェフ、またも追いつかれドロー

■■08.15 J2 第29節_ジェフ千葉_結果■■http://jefunited.co.jp/
千葉△0vs0△長崎(フクアリ)
[goal]千葉:32松田
  長崎:62木村

 ジェフ千葉が前節C大阪戦に続き、先制点を取りながら、追いつかれての1-1ドロー。
 長崎は勝ち数などジェフと同率で順位もジェフに続き8位につけるライバルチーム。序盤からジェフ押し気味に進行。32分にカウンター一発。井出からのフィードで相手ディフェンダーを追い越しドリブルで抜け出した新加入(名古屋からのレンタル)FW松田が一度はディフェンスに捕まるもうまくかわして相手ポスト右隅に流し込んで先制。ジェフ加入後2試合目、今節初先発の松田がジェフで初ゴール。松田はこの試合果敢にシュートを放って存在感を示し、今節2トップを組んだオナイウとの連動もはまっていい調子だったが、その松田のゴールに続くものがいなかった。長崎は後半、ジェフが押し気味な展開の中17分にこの試合目立つ動き見せていたFW木村が同点弾を放ち、ジェフはその後、ディフェンスに大岩を入れ、3トップにしてパワープレーへと進行。交代で入っていた矢澤も加え、相当押し込んでいたが、それらことごとく跳ね返していたのが、長崎のキーパー、大久保で、2シーズン前までジェフに所属。長く控えだったが、今シーズン長崎で活躍している模様。
 形はジェフの勝ち試合に見えたが、またも元ジェフ恩返しの形で大久保の躍動で勝ち越しをはばまれた。取りこぼしが続く。

 次節8/23(日)18時、横浜FC戦@ニッパツst

ハイライト映像 

football-lab 

千葉
     松田 オナイウ
       (↓大岩)
 井出      ペチュニク   
(↓谷沢) 
    佐藤健 佐藤勇
 中村          金井
   富沢 キム・ヒョヌン
       (↓栗山)
       高木
posted by nyony at 10:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

バルサがまさかの0-4大敗

■■08.14 スペイン・スーパーカップ 1st leg■■
Bilbao○4vs0○Barcelona(サン・マメス)
[goal]Bilbao:13'ミケル・サン・ホセ、53', 62', 68'アリツ・アドゥリス 

 スペインリーグ戦開幕直前の恒例イベント、スーペルコパ(スーパーカップ)で敵地ビルバオに乗り込んだバルサ(バルセロナ)が0-4惨敗。ホーム戦で強いビルバオに対し、バルサは11日にUEFAスーパーカップ、セビージャ戦を終え主要選手の一部が試合に出れず、手負いの状態。ネイマールはおたふく風邪で休暇。バルサは前線にメッシ、スアレスのほか、移籍報道で話題のペドロが入った布陣。序盤から圧倒していたバルサだったが、13分にバルサのGK、シュテーゲンの前方へのフィードが相手へ渡りビルバオの中盤サンホセがこれをみて、シュテーゲンの頭上を越えるロブでゴールを決め先制。ビルバオは高いディフェンスラインを引きプレスもきつくバルサに対抗し、得点したことで守りも安定。後半に次々得点を重ね。4-0と優位に立った。後半に3点入れたのはベテランFWのアドゥリスでバルサ相手にハットを決めたのは、2001年の当時ビジャレアルに所属のフォルラン依頼だと。バルサは前線にイニエスタ、サンドロらを入れテコ入れ図るも効果的でなく、アゥエーゴールならず終戦。
 ホーム&アゥエイで戦うカップ戦で、バルサは4点ビハインドで2戦目を迎えることに。4点差を返せるか、また6冠パーフェクトまであと2冠のバルサが夢つなげるかに楽しみな次戦に

 2戦めは18日(火)5時バルセロナホーム、カンプノウで
 リーガ開幕戦で両者再び対戦、24日(月)1:30


ハイライト

バルセロナ

  ペドロ  スアレス  メッシ
 (↓サンドロ)
    ラフィーニャ  セルジ・ロベルト
   (↓イニエスタ)  (↓ラキティッチ)
       マスチェラーノ 
アドリアーノ          D・アウベス
     ヴェルメーレン バルトラ
    
        テア・シュテーゲン   
posted by nyony at 10:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

ジャパン停滞するも辛うじて韓国とドロー

■■0805 東アジアカップ2015決勝大会■■

JAPAN△1vs1△KOREA(中国・武漢)

[goal]JAPAN:39山口

  KOREA:27チャン・ヒョンス


 東アジアカップ決勝2戦目で日韓戦は1-1ドロー。前半27分韓国のPK弾での先制に対しジャパンは39分山口蛍が代表初ゴールで追いつき1-1、その後両者得点なく同点終わり。ジャパンは3日前の北朝鮮戦で負けており、慎重な出足から、その後もあまり好機なく、優勢に見えてた韓国もどちらかというと慎重な姿勢でスマートな試合、否、停滞感漂う試合経過。

 ジャパンは2戦目で先発を入れ替えトップに興梠が入り、ウイングに永井と代表初登場の元ジェフ倉田が位置。中盤は藤田がそこで、前目に山口と柴崎の布陣。韓国は190cm超えの巨人がトップにいて脅威となったが、これは槙野がうまく抑えた。後半に入ってもどちらかというと韓国優勢。交代選手も躍動して見せ場作りジャパンが辛うじてこれ抑え、好機は少なかった


 次戦9日(日)21:10 最終節、中国戦


勝敗表


〈JAPAN〉

       興梠

 倉田 (↓宇佐美)  永井  

(↓川又)山口   柴崎(↓浅野)

       藤田

太田           遠藤

    森重  槙野 

      

       西川

posted by nyony at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

ジェフ、久々勝利。谷澤初ゴール

■■08.01 J2 第27節_ジェフ千葉_結果■■

千葉○1vs0徳島(フクアリ)


[goal]千葉:33谷澤


 ジェフ千葉、ホームでの徳島戦は1-0辛勝。前半33分、今シーズン初ゴール矢澤の超テクゴールが決勝点となり、久々、7/4岐阜戦以来の1ヶ月ぶり勝利。ホームではこのところ2敗しており、ホームで勝利も久々。暑さ吹き飛ぶ小さな勝利。矢澤のネット裏パフォーマンスも久々

 ジェフはこの試合、森本がトップに復帰でペチュニクと2トップ。井出が先発復帰で好調徳島と対戦。互いにまずは堅く守って慎重な様相。それでもジェフがやや押し気味か。徳島は中盤底に J2最多タックル数を誇るエステバンがおり攻めあぐねたが、それでも33分、帰ってきた左サイドバック中村が起点となり、井出のポストプレーを最期矢澤がかっさらって相手ゴール右上隅に鋭い弾道で決め先制。後半に入り徳島も総攻撃、ジェフは前にオナイウを入れてテコ入れし何度か好機あってが決めきれず、徳島決定機作れず。1-0ジェフ勝利。ギリギリの勝利だけど格別な真夏の夜の宴に



 次節8/8(土)19時、C大阪戦@キンチョウst



ハイライト映像 


football-lab 


千葉

     森本 ペチュニク

   (↓オナイウ) 

 谷澤        井出    

     (↓田中)

    佐藤健 佐藤勇

 中村          金井

(↓田代)富沢 キム・ヒョヌン

         

       高木

posted by nyony at 11:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

ジェフ、熊本に敗戦

■■07.26 J2 第26節_ジェフ千葉_結果■■

千葉●2vs3○熊本(フクアリ)

[goal]千葉:62オナイウ 90金井

   熊本:30 58齊藤 73嶋田


 ジェフ千葉、ホーム熊本戦で2-3負け。熊本とは過去1敗(6勝4分)、今年も前回対戦で4-0で取っており、久々の白星を夢想したが、何と返り討ちにあいホームでの敗戦。前後半にかけて2点先行され、ジェフも加点するも突き放されてあえなく敗け。ここ5試合勝ちから遠ざかり不調から抜け出せない

 ジェフはこの試合、先発に左サイドバック中村が怪我から戻って久々先発。1トップにアンが入り、中盤のキャプテン、パウリーニョが外れ佐藤健太郎を入れた布陣。熊本は元ジェフの象徴的存在だった巻が先発で入った。序盤からジェフやや攻めムードの展開から30分、逆に守りの薄いとこ狙われ先制を奪われる流れに。それでも希望が少し見えてた前半に対し、後半は熊本も応戦、13分に2点目を同じく斉藤に奪われる。しかしジェフの反撃の流れの中で、アンから代わっていたトップのオナイウがゴールし1点差に。しかしまたも意外なミドル弾を打たれて2点差に突き放される。試合は90分を過ぎジェフのサイドバック金井が決め1点差に。ジェフはバックのキムを前線に張らせるパワープレーに出るもチャンスは薄く、敗戦へ


 次節8/1(土)19時、徳島戦@フクアリ


ハイライト映像 


football-lab 


千葉

      アン

     (↓オナイウ) 

 谷澤    町田   ペチュニク 

     (↓井出)(↓田中)

    佐藤健 佐藤勇

 中村          金井

    富沢 キム・ヒョヌン

         


       高木

posted by nyony at 09:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

ジェフ、磐田にて撃沈

■■07.18 J2 第24節_ジェフ千葉_結果■■

磐田○1vs0●千葉(ヤマハ)

[goal]磐田:81ジェイ


 ジェフ千葉、アゥエイ磐田戦で0-1辛負。前節に続いて期待をもたせた序盤からすると、結果は真逆。この試合では前半ほぼ互角な内容。後半に入り徐々に磐田に押し込まれる状況。勝ち越し弾は後半36分、磐田の1トップにてさんざん存在感を発揮していたジェイが、右からクロスをへッドで合わせて千金弾。ジェフディフェンスから頭一つ抜け出してドンピシャヘッド。ジェフはこの試合でオナイウを久々先発起用していたが、決定機を生かし切れず、前節から加入したアン(アン•ビョンジュン)に後半あたまの方で代えていた。しかし先発した前節に比べてもいい場面は少なかった。あとジェフは不動のセンターバック、キム・ヒョヌンが欠場しており、代わりに栗山が入ってた。ジェイに決められた以外はそれなりに固められていたと思われる。キム・ヒョヌンの欠場は理由がわからず。この試合に関していいえば、自力が磐田の方が上まっていたという印象。苦戦続く


 次節7/22(水)19時、水戸戦@Ksスタ


ハイライト映像


football-lab 


千葉

      オナイウ

      (↓アン) 

 谷澤    町田   ペチュニク 

(↓田中) (↓井出)

   佐藤勇 パウリーニョ

 大岩          金井

     富沢 栗山

         


       岡本


posted by nyony at 10:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

ジェフが失速系、群馬に連敗

■■07.12 J2 第23節_ジェフ千葉_結果■■

千葉●1vs2○群馬(フクアリ)

[goal]千葉:63ペチュニク

   群馬:32江坂 73吉濱


 ジェフ千葉、ホームで群馬と対戦し2-1敗戦。群馬とは5月に2-0負けしており、今年はダブル負け。ジェフはこの試合、新加入の2人、川崎からのFWアン•ビョンジュン(レンタル)とマリノスからのDF富沢をいきなり先発させた新布陣。序盤から攻勢ムードで不安のないスタート。最近は1トップも多かったペチュニクが右サイドに入りサイドからの崩しにつとめ、1トップのアンはポストワークも柔軟でゴールの期待感つのる序盤だったが、このムードで得点には至らず逆に3分、前回ジェフから2点を奪った群馬のMF江坂がカウンターめな展開から先制弾を入れて群馬が先制。これ以降は両者に好機訪れる流れ。後半は序盤から群馬ペースで行くも、徐々にジェフが攻め込む展開が増えだし、18分フリーキックからアンが折り返し、ペチュニクがほぼフリーでヘッドし同点に。逆転への勢いもあったかに見えたが、その10分後に群馬に勝ち越し弾奪われ、その後ジェフは井手、水野と攻撃のコマを入れるも得点につなげられず、あえなくホームで敗戦。序盤の安心感からの落差激しく、脱力感の強い思い結果。


 次節7/18(土)19時、磐田戦@ヤマハ


ハイライト映像 


football-lab 



千葉

      アン


 谷澤    町田    ペチュニク 

(↓井出) (↓水野) 

   佐藤勇 パウリーニョ

 田代     (↓佐藤健)   金井

    富沢 キム・ヒョヌン

         

       岡本

posted by nyony at 09:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

ジェフ押し気味も金沢にいなされドロー

■■07.08 J2 第22節_ジェフ千葉_結果■■

金沢△0vs0△●千葉(石川西部)


 デイゲーム対決、ジェフが金沢に乗り込み0-0ドロー。ジェフがやや押し気味、時に猛攻ムードも固い金沢ディフェンスの牙城破れずスコアレスに。金沢は折り込み済みの結果か。あまり攻めてこない分、守備のほころびはない。ジェフはこの試合、前節で今季J初登場DF栗山が連続して先発。不動の左サイドバック中村が怪我で欠場し田代が入った。さらに後半途中から海外リーグから今季ジェフに加入の能登がJ初登場。金沢で能登つながりと相性の良さを見せつけたかったが、あまり存在感は発揮できなかった。ジェフ左サイドでの攻防が多くあり田代がよく画面映りしていた。攻め上がり多く見られたが、精度がやはり中村には足りてないがファイターぶりは存分に見せつけた。逆サイドで先発の水野も機会多くあったがやはり往年の切れ味には遠い。ペチュニクが毎度の奮闘ぶりだが、今節は火を吹けなかった。

 総じて金沢にしてやられた印象。


 次節7/12(日)19時、群馬戦@フクアリ


ハイライト映像 


football-lab 


千葉

      ペチュニク

    (↓オナイウ)

 谷澤    町田    水野 

     (↓能登) (↓井出)

   佐藤勇 パウリーニョ

 田代             金井

    栗山 キム・ヒョヌン

         

       岡本

posted by nyony at 08:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

なでしこ大敗、アメリカに2-5で準優勝

■■07.05 Women's World Cup  final■■

USA○5vs2●Japan

[goal]USA:3 5ロイド 14ホリデー 16ロイド 54ヒース


  Japan:27大儀見 52OG


 前回大会と同じカードとなった決勝戦でジャパンはUSに2-5と大差で負け。序盤で立て続けに4点を奪われた意外な幕開け。USは1トップのモーガンのスピードに前評判があったが、その後ろトップ下、モーガンへのマークが甘かったか、序盤4点のうち3点はそのモーガンにやられた。ジャパンは4失点後、USの猛攻が小康するとやっとこさ前に行け、右ウイング、川澄の折り返しから中央で大儀見がうまくさばいてゴールし27分に1点返礼。ジャパンはその後センターバックの岩清水に代え澤を投入、中央ボランチに入れると、坂口を下げてディフェンスを補填、左サイドバック鮫島が1枚上がって宇津木がそこに入り、宮間が澤とWボランチへと配置変換。これで前への機動力がぐんと上がってジャパンの攻勢となる。さらに川澄をFW菅沢に代え大野をサイドに送りパワープレイスタイルに。後半はジャパンが頭から猛攻を仕掛け、左サイドからのフリーキックで相手のオウンゴールを誘って2-4、2点差に詰め寄る。しかし今度はUS、みぎコーナーからこぼれ玉を相手にフリーでシュートされ追加点となり決定的な5点めが入る。ジャパンはその後、大野に代え岩渕を入れ3トップに。さらに右サイドバック有吉もあげて3バックにし、長前がかりにするも追加点奪えず、USに軽くいなされ、逆転ならず


soccer-king 


トーナメント表 



〈Japan〉

    大儀見 大野

       (↓岩渕)

 宮間        川澄 

         (↓菅沢

    宇津木  阪口

鮫島          有吉

    熊谷 岩清水

      (↓) 

      海堀

posted by nyony at 10:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

ジェフが逆転で岐阜に勝利

■■07.04 J2 第21節_ジェフ千葉_結果■■

千葉○3vs1●岐阜(フクアリ)

[goal]千葉:45キム・ヒョヌン、47町田、62ペチュニク

   岐阜:13難波


 ジェフがホームに岐阜を迎え3-1快勝。終わってみれば快勝だったとの印象。ジェフは後半イケイケだったの対し、前半は下位に位置する岐阜一方的に攻められていて、それでもなんとか1失点に抑えなんとも危なげある試合ではあった。前半13分に岐阜FW難波に先制される。この試合ジェフはこのところの低迷ぶりからの刷新かセンターバックの大岩に代えJ初登場の栗山が入り、いきなりのほころびを見せたか、その後も危ういシーン続出。相手岐阜は強力なブラジル3人集がグイグイ食いかかる超攻撃な構え。今シーズン覚醒、現在J2得点王の難波もいるしで押せ押せの状況。しかしジェフは少ないチャンスを生かして前半までに追いついた。ロスタイムにキム・ヒョヌンのヘッド弾。相手ディフェンダーとの競り合いの中で決めきった。これで再起を図ったジェフは後半動きがガラリと変わって猛攻ムードに。2分に町田の自身J初となるゴールでしかも超絶技巧ボレー弾で勝ち越し、さらにカウンターから電光石火でペチュニクがゴール。これには左サイド矢沢の機転が光った。その後も攻めのペース続いたが加点ここまで


 次節7/8(水)19時、金沢戦@石川西部


ハイライト映像 


football-lab 



千葉


         森本

    ペチュニク(↓オナイウ)

 谷澤         町田  

          (↓佐藤健) 

   佐藤勇 パウリーニョ

 中村             金井

(↓田代)栗山 キム・ヒョヌン

         

       岡本

posted by nyony at 10:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

なでしこ、アメリカとの決勝へ

■■07.01 Women's World Cup  semi-finals■■

Japan○2vs1●England

[goal]Japan:33宮間(PK) 90OG

  England:40ウィリアムズ(PK)


 なでしこジャパン準決勝でイングランドに2-1辛勝。前半までに互いにPKで1点ずつ上げ、ラスト、ロスタイムにイングランドのオウンゴールでジャパンが勝ち越した意外な結末。試合を通して前へ前へとボールを蹴りまくるイングランドに対しパス回しで崩しにかかる対照的なカラーの両チーム。どちらが優勢とも取れない流れが続いた試合。ジャパンは前半30分すぎ右サイドバック、有吉の相手ペナルティエリア内への突進で相手ファールを誘ってPK奪取、これを宮間が決めて先制。しかしジャパンも40分にPKを与えてしまい1-1に。後半はどちらかといえばイングランドが押し気味に進め、幾度となくシュートを浴びせ、ポスト直撃弾などあと一歩のところで割り切れずいるとジャパンは25分に切り札の岩渕を投入し、ドリブルでアクセントつくり幾たびが好機を作る、しかし終盤にかかり、ジャパンはパスミスから奪われてま耐える時間が続く。終盤、相手押し気味のスペースの裏をついて、右サイド川澄の前方へのフィード、これを相手ディフェンダーがカット、その軌道が自陣ゴールへと吸い込まれた。ポストをかすめてゴールイン。時間は47分。ロスタイムは3分で。間もなく終了に。次戦は前回同様アメリカとの決勝に


 次節決勝7/6(月)8時、USA戦



soccer-king 


トーナメント表 



〈Japan〉

    大儀見 大野

       (↓岩渕)

 宮間        川澄 

     

    宇津木  阪口

鮫島          有吉

    熊谷 岩清水

         

      海堀

posted by nyony at 10:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

ジェフが徳島に逆転負け

■■06.28 J2 第20節_ジェフ千葉_結果■■

徳島○2vs1●千葉(鳴門)

[goal]徳島:76長谷川 87津田

   千葉:6大岩


 ジェフがアゥエイ徳島戦で2-1敗戦。序盤、コーナーからの大岩のゴールで先制も、その後は防戦が増えて、こと後半に入り、さらに徳島のFW津田が22分に途中投入されて以降は徳島の圧力が増し、29分と42分に失点で逆転されビハインド。その後ジェフは森本投入も時遅し、なすすべなく敗戦へ。

 ジェフはこの試合、右サイドバックの金井を出場停止で欠き、しかし矢澤が復活、ペチュニアも先発復帰で序盤は押せ押せムードで開始直後に得たコーナーキックでも大岩がフリーでヘッドで捉えられるなど攻勢にかかり、勢いママに、大岩が今度は足で合わせ、2度目の正直で先制弾。しかし、その後は攻め急ぐことなく落ち着いた攻めを見せるジェフ。あまり点を取られる雰囲気もなく後半へ行くも、徐々に勢いを増す徳島。それまで11試合勝利がない徳島はこのままで終われない執着を見せて逆転へと結びつけた。ジェフとしては痛すぎる終了間際の逆転弾被弾


 次節7/4(日)19時、岐阜戦@フクアリ


ハイライト映像 


football-lab 



千葉


     ペチュニク

    

 谷澤   町田    井出 

    (↓オナイウ)(↓田中)

   佐藤勇 パウリーニョ

中村(↓森本)      北爪

   大岩 キム・ヒョヌン

         

       岡本

posted by nyony at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

なでしこ、豪州圧倒も辛勝

■■06.27 Women's World Cup  Quarter-finals■■

Japan○1vs0●Australia

[goal]Japan:87岩渕


 なでしこジャパン準々決勝で前節ブラジルを破った豪州との対戦、1-0で辛勝。決勝点は途中出場のFW岩渕で後半41分。試合として終始優位に進めていたにもかかわらずなかなか点が取れず、最後ギリギリのところで均衡破った、その後は危なげなく1点差を守りきって準決進出へ

 ジャパンはこの試合、メンツは前節オランダ戦と同じ。序盤からジャパンがボールキープする時間多くパス回しで相手を撹乱するも、なかなか相手を脅かす展開となれずシュート散発。豪州もスピードある個人技で打開を図るもこれまた決定的でない。後半も同じ流れ、ジャパンやや優勢で進行。27分にFW大野を岩渕に代え総攻撃開始、徐々に押し込む圧力を高め42分にようやく先制点が入った。コーナーキックからのこぼれ球が相手ゴール前にいた岩渕に合い、相手のプレッシャーを受けずに流し込んだ。ベスト4進出


 次節7/2(水)8時、イングランド戦



goal.com 


トーナメント表 



〈Japan〉

    大儀見 大野

       (↓岩渕)

 宮間        川澄 

         

    宇津木  阪口

鮫島      (↓澤) 有吉

    熊谷 岩清水

         


      海堀

posted by nyony at 12:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

ジェフが追いつかれ福岡とドロー

■■06.14 J2 第18節_ジェフ千葉_結果■■

千葉△2vs2△福岡(フクアリ)

[goal]千葉:7森本 11水野

   福岡:35金森 73中原


 ジェフがホームで前節と同じくドロー。前節は追いついたのに対し今節は追いつかれての同点。しかも序盤の2得点で優位な時間多くあったにもかかわらずにもろくも2失点。後半はなでしこの試合のようにやられっぱなしだったが、勝ちきれるか、追いつかれるかのクオリティの違いは大きい。

 ジェフはこの試合、出場停止明けの森本がトップに入りあとは前節同様。序盤から勢いある攻撃で攻め立て勢いままに森元が先制弾。中央、町田の前方へのフィードをうまくさばいてゴールにつなげた。速攻気味、目の覚めるようなゴールで幕開け。さらに4分後、今度は水野が今シーズン初ゴールを決める。ジェフ復帰後初、久々ゴールで2点先行。しかしその後は攻め手失い、押し込まれる展開に前半に1点返され、後半は28分に同点弾食らう。終盤に福岡のジェフキラー、FW坂田が出てくるも、決定的な場面で味方シュートをブロックしてジェフのピンチを救う一幕も。ジェフはシュート数も少なく。負けムードのドロー終わり


 次節6/21(日)18時、大分戦@大銀ド


ハイライト映像 


football-lab 



千葉

      森本

    (↓オナイウ) 

 井出   町田    水野 

          (↓谷澤)

   佐藤健 パウリーニョ

中村(↓田代)       金井

   大岩 キム・ヒョヌン

         


       岡本

posted by nyony at 06:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

なでしこ、カメル−ンにも辛勝

■■06.13 Women's World Cup  GROUP C■■

Japan○2vs1●Cameroon

[goal]Japan:6鮫島 17菅沢

  Cameroon:90アジャラ


 なでしこジャパン、W杯2戦めで全節エクアドル戦で6-0の大勝を収めたカメルーンと対戦し2-1辛勝。ジャパンの早めに2点先行するも、その後はカメルーンのカウンターに押されまくりで、最後90分に1点かえされ1点差まで追い詰められるもなんとかしのいで、前節スイス戦と同様1点差勝利。

 ジャパンはこの試合、前節より5人スタメンを変えた布陣。序盤からからジャパンが押し込む展開でその勢いのまま、この試合右ウイングに入った川澄のクロスが相手方の薄い中央に通り、待ってた大儀見がこれをスルー(もしくは空振り)、左に走りこんでた鮫島がどフリーでうまく合わせて先制、開始後6分。さらにその10分後、左サイド、宮間のフリーキックが大外の菅沢に通り、菅沢はこれをヘッド決めて2点目、菅沢はW杯初ゴールで見事先発起用に応えた。ジャパンはそれまでほぼほぼボール保持でも攻め手でも勝っていたが、徐々にそのペースは落ちて、初戦スイス戦と同様、後半からは防戦一方の展開となる。スプリント力に長けるカメルーンの速攻をくらいまくって、最後押し切られた。1点で抑えたのが救い。ジャパンはこの勝利で予選リーグ勝ち抜け一番乗りを決めた。


 次節17日(水)6時、エクアドル戦



JFA 


勝敗表 



〈Japan〉

    大儀見 菅沢

       (↓上尾野辺)

 鮫島       川澄 

         (↓大野)

    宮間  阪口

宇津木    (↓澤)  近賀

    熊谷 岩清水

         


      海堀

posted by nyony at 10:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

なでしこ初戦辛くも勝利

■■06.09 Women's World Cup GROUP C■■

Japan○1vs0●Swiss

[goal]Japan:29宮間(PK)


 なでしこW杯初戦スイス戦は1-0辛勝。前半27分FW安藤が相手キーパーと接触の末得たPKをキャプテン宮間が決めて先制。後半はスイスの速攻にかき回され続け防戦一方だったがなんとか勝利。

 なでしこジャパンはこの試合、4年前のW杯制覇の面子を多くそろえたなか、W杯初選抜で先発を決めたのは2人。キーパーにジェフ千葉の山根が入り、あと右サイドバックに有吉。ほかトップは大儀見、安藤で大野と宮間がサイドの2列目。序盤からジャパンがやや優勢だったがどちらペーストも言えない流れの中、宮間のPK弾で先制。後半からはスイスが猛ラッシュをかけはじめジャパンへの攻勢多く、特に左サイドからの突破から前のバッハマンが個人技で持ち込み場面が多く、それでもジャパンディフェンスやスイス側のフィニッシュの精度の悪さに助けられ失点まぬがれた。ジャパンの攻撃ではジェフ千葉の途中出場、FW菅沢がポスト直撃のシュートで印象付けたか

 FIFAランクで上位のジャパン(4位)が同組でも勝ち抜け有利とされていた中、初戦スイス(19位)に意外な手こずりを見せた。同組の他の試合カメルーン(53位)vsエクアドル(48位)ではカメルーンが6-0大勝して不気味な存在となった


 次節13日(土)11時、カメルーン



フモフモコラム


勝敗表 



〈Japan〉

    大儀見 安藤

       (↓菅沢

 宮間       大野 

         (↓川澄

     阪口  

宇津木(↓川村)   有吉

    熊谷 岩清水

         


      山根

posted by nyony at 09:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

ペチュニク、渾身のロスタイム同点弾

■■06.06 J2 第17節_ジェフ千葉_結果■■

千葉△1vs1△札幌(フクアリ)

[goal]千葉:90ペチュニク

   札幌:15福森


 ジェフがホームに札幌を迎えた鬼門の戦い。早々の札幌のフリーキックによる先制でジェフが必死に点取りにいそしむも、札幌がクレバーにいなしの形成。ゴール前を固められればなすすべなしのジェフオフェンス。しかし最後に門が開かれた。中村フリーキックからのペチュニクのヘッド弾。最後のツナとなったこの黄金ルート。時刻、90分経過あたりでとうとう札幌の牙城を破った快挙。この試合は不安定なレフェリングで荒れ気味の気配もあり、それでも最後までオーバーアクションで奮起し続けたキャプテン、パウリーニョに1トップのペチュニク。助っ人2人のパフォーマンスを要とし。なんとか気力を保って最後まで攻め切ったジェフイレブン。まさかの3連敗は阻止できたが、ここ4試合勝利なしのドツボ状態。


 次節6/14(日)19時、福岡戦@フクアリ


ハイライト映像 


football-lab 



千葉


    ペチュニク

      

 井出   町田     水野 

(↓田中)      (↓オナイウ)

   佐藤健 パウリーニョ

中村(↓鈴木)        金井

   大岩 キム・ヒョヌン

         


       岡本

posted by nyony at 10:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

ジェフ、2連敗。森本退場と強風にやられる

■■05.31 J2 第16節_ジェフ千葉_結果■■

群馬○2vs0●千葉(正田スタ)


[goal]群馬:56 60江坂


 ジェフがアゥエイで群馬に敗れ、前節北九州戦と合わせ2連敗。今節はチームの攻守の要、パウリーニョが累積警告で欠場、さらに矢沢も怪我で出ておらず、ボランチは佐藤健太郎と田代が入った新布陣、前は森本とペチュニク、サイドに井出と田中。前半はジェフが強風の折、風下に立ち苦戦を強いられ更には森本が前半24分でイエロー2枚目を受け早くも退場となり数的不利。これで優位に立った群馬が攻め立てるシーンが多くなる。後半に入りジェフが風上立つも状況は変わらず。11分に先制点を奪われる。そのショックも言えぬ4分後に追加点奪われ2点ビハインドの状況。ジェフは北爪を入れサイドバックの金井を前線に入れ、さらにペチュニクに変わりトップにオナイウを投入するも状況変わらず。30分にはジェフの中盤のルーキー、佐藤祥が今シーズン初登場するも見せ場は少なかった。群馬にあっさり逃げ切られ敗戦へ。


 次節6/6(土)19時、札幌戦@フクアリ


ハイライト映像 


football-lab 



千葉


      森本

      

 井出   ペチュニク  田中 

    (↓オナイウ)(↓佐藤祥

    佐藤健 田代

中村     (↓北爪)  金井

   大岩 キム・ヒョヌン

         

       高木

posted by nyony at 09:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

ジェフ、井出の超テクゴール生かせずドロー

■■05.17 J2 第14節_ジェフ千葉_結果■■

千葉△1vs1△金沢(フクアリ)

[goal]千葉:60井出


   金沢:90


 ジェフが今シーズンからJ2昇格の金沢をホームに迎え1-1ドロー。後半15分、それまでの0-0均衡を破る井出の切れ味あるドリブルからのゴールでジェフが先制。井出は途中出場で出場直後のチャンスをものにした。J2最小失点、金沢の固いディフェンスを切り裂き一人で中央に切れ込んでのシュートはあまりに鮮烈でめまいがするほどだったが、その後はジェフ防戦一方となった。それでも後半45分まで持ちこたえ、も少しというところでやられた。金沢の猛攻、得点シーンではジェフのキーパー高木の前に相手選手が2、3人いてたような状況で、有り余る勢いに寄り切られた。

 初お目見えの金沢、J2ほかチームと違い、前へ前へと真っ向勝負でオープンな戦いとなった。だもんでチャンスは両チームに幾度も訪れ見応えある試合となった。ジェフはそのチャンス、ポスト直撃などで数回ギリギリをいってたが、結果、井出のゴールのみ。勝ってれば井出がまたしてもヒーロー化したが、そんなゴラッソを生かし切れなかった


 次節5/24(日)16時、北九州戦@フクアリ


ハイライト映像 


football-lab 



千葉


      オナイウ

      (↓森本)

 谷澤    ペチュニク   金井 

(↓田中)    

   佐藤健 パウリーニョ

中村            田代

   大岩 キム・ヒョヌン(↓井出)

         

       高木

posted by nyony at 08:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

ジェフが讃岐に1-0辛勝

■■05.09 J2 第13節_ジェフ千葉_結果■■

讃岐●0vs1○千葉(丸亀

[goal]千葉:76ペチュニク


 ジェフがアゥエイで1-0辛勝。がっちり守り固めた讃岐に後半途中までてこずるも、この試合後半22分に途中出場となったネイツ・ペチュニクが加入後の攻めで先制点を足先で決めて、そのまま決勝点となりジェフは逃げ切り。ジェフは攻めあぐねどもときおりシュートがポスト直撃などで惜しいところまでは何度か行ってた。讃岐は守っては速攻を徹底し効果的に試合を進めていたが、シュートの精度悪く点が遠かった。讃岐は2連勝後の敗戦。ジェフは前節ドローに続いての勝利


 次節5/17()16時、金沢戦@フクアリ


ハイライト映像 


football-lab 



千葉


   オナイウ 森本

       (↓田代)

 井出          水野 

(↓ペチュニク)    (↓北爪

   佐藤健 パウリーニョ

中村            金井

   大岩 キム・ヒョヌン

         

       高木

posted by nyony at 10:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

ジェフ、ヴェルディとスコアレス

■■05.06 J2 第12節_ジェフ千葉_結果■■

東京V△0vs0△千葉(駒沢


 ジェフ、ヴェルディ戦は0-0ドロー結果。灼熱の13時開催でパフォーマンスが落ちたか、全体的に停滞した試合だったが、両者に好機はあって、ヴェルディはゴール前の精度が悪く、ジェフのキーパー高木のセーブも光った。ジェフは攻撃面では見せ場は少なかったが、終盤の猛攻はゴールの予感をさせるものだったが、割ることはできなかった。パウリーニョの無双の突進はしびれたが、ヴェルディの堅守にも阻まれた。

 駒沢公園「肉フェス」と隣り合わせ開催も盛り上がり度合いでは「肉フェス」が勝ってたよな


 次節5/9()16時、讃岐戦@丸亀


ハイライト映像 


football-lab 


千葉


     ペチュニク 

    (↓オナイウ) 

 谷澤   町田   田中  

    (↓井出)(↓北爪

   佐藤健 パウリーニョ

中村            金井

   大岩 キム・ヒョヌン

         

       高木

posted by nyony at 05:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

ジェフ、不穏な空気に屈せず勝利

■■05.03 J2 第11節_ジェフ千葉_結果■■

千葉○3vs0●横浜FC(フクアリ)

[goal]千葉:17金井 53中村 90田中


 ジェフがホームに横浜FCを迎え3-0勝利。序盤から横浜FCはやや守勢でジェフ押し込む流れ多く、17分に中村のコーナーから金井が大外どフリーでヘッドしてゴールし先制。その後横浜側に前半までに4枚のイエロー発動、後半に入りイエロー2枚で退場選手が出て、やや不穏なムードの展開に。後半18分、ジェフの攻撃、この日大活躍だった矢澤の仕掛けから得た相手ゴール前絶好の位置からのフリーキックを中村がけり弓なりの軌道を描き見事ゴールインさせた。中村は今季初ゴール。ジェフはその後オナイウと田中の2枚の攻撃コマを投入するも、横浜に押し込まれる展開に。これをなんとかこらえると、終盤、交代で入った田代が相手ゴール前でパスカットしオナイウにラストパス、相手キーパーがこれを弾くと詰めてた田中が押し込んで(今季初ゴール)ロスタイムだめ押しを決め完勝へ


 次節5/6(水)13時、東京V戦@駒沢


ハイライト映像 


football-lab 


千葉

     ペチュニク 

    (↓オナイウ) 

 谷澤   町田   井出  

    (↓田代)(↓田中)

   佐藤健 パウリーニョ

中村            金井

   大岩 キム・ヒョヌン

         

       高木

posted by nyony at 08:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

バルサがコルドバに大勝

■■05.02 リーガ・エスパニョーラ Round35■■

Cordoba●0vs8○Barcelona(コルドバ)

[goal]Barcelona:42ラキティッチ 45スアレス 46メッシ 53スアレス 65ピケ 80メッシ 85ネイマール 88スアレス


 バルサが最下位コルドバの本拠に乗り込み8-0大勝。序盤は降格がカウントダウンで勝利へのモチベーションが高いコルドバが攻勢にかかり、バルサはこらえる展開が続くが徐々にいつものバルサがボールキープする展開へ。すると前半も終盤にかかる所、中央メッシからの左深くへの浮き球フィードをラキティッチがうまくさばいてボレーでゴールイン。さらにスアレスも前半終了間際にゴールしバルサ2-0で折り返し。後半はバルサがぼこぼこ点を入れ、スアレスはハット、メッシは2点、ネイマールは自ら奪ったPKを沈めて1点、その他ピケもゴールを決め、都合8点で圧勝に。コルドバは降格ゾーンへ深く侵入。


 バルサ次戦はチャンピオンズリーグ準決勝バイエルン戦1st leg

 リーグ戦は9日、ソシエダ戦ホーム


順位表


バルセロナ


  ネイマール  スアレス  メッシ


    イニエスタ   ラキティッチ

   (↓シャビ)   (↓ペドロ)

       ブスケツ 

ジョルディ・アルバ          D・アウベス

     マスチェラーノ ピケ

    (↓マテュー)

         ブラボ 

posted by nyony at 09:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

ジェフ、攻められど圧勝

■■04.29 J2 第10節_<a href="http://jefunited.co.jp/" target="_blank">ジェフ千葉</a>_結果■■

熊本●0vs4○千葉(うまスタ)

[goal]千葉:5ペチュニク 15キム・ヒョヌン 70パウリーニョ 81キム・ヒョヌン 


 ジェフ2連敗後、アゥエイ熊本戦で4-0圧勝。熊本はこのところ連敗でホーム未勝利の勝利に飢えたチームだったが、ジェフが早いうちに先制し追加点を奪ったことで優位に進めた。しかしジェフの2点目の後、熊本はフォワードに巻を投入しターゲットととすることで前への推進力が増して攻勢の場面が増えだし、さらに後半はサイドアタッカー、田中達也(現新潟の田中と同名のルーキー)が加入してスピードも加わりジェフ陣内をかき回したが、ジェフはなんとかこらえると、今度はジェフ、中盤の要、パウリーニョが、意外性のある弾丸ミドルで追加点。さらに左サイドに回っていた田中がラインギリギリの所で折り返し、相手ゴール前にいたキムが合わせてだめ押し4点目。ジェフは守備固めと新加入選手の起用で新布陣のトライアルも実施の盤石なクロージングで完封勝利


 次節5/3(日)16時、横浜FC戦@フクアリ


ハイライト映像


football-lab


千葉


     ペチュニク 

    

 谷澤   町田    田中  

(↓北爪)(↓田代) 

   佐藤健 パウリーニョ

中村            金井

   大岩 キム・ヒョヌン(↓伊藤) 

         


       高木

posted by nyony at 09:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

ジェフが元監督に今季初の土つけられる

■■04.19 J2 第8節_ジェフ千葉_結果■■
愛媛○1vs0●千葉(ニンスタ)
[goal]愛媛:67瀬沼

 ジェフがアゥエイ愛媛戦で0-1敗戦。今季初黒星で1節にして首位陥落。それまで相手の愛媛はこれまでジェフがリーグ戦で1敗もしていない相手。しかし愛媛の今季より指揮をとる木山監督は3年ほど前にジェフの監督をしており、手の内を知る不気味さはあったが、まんまとジェフ対策の術中にハマり、まさかの敗戦。
 ジェフはこの試合、左ウイングにこれまでの矢澤でなく田中を入れた先発。序盤から堅く守る相手にジェフの仕掛けが色々見られた試合だったが、前半までに両者得点なく、すると愛媛は後半に入り徐々に攻勢をかける流れとなり、22分に先制。清水よりレンタル中の瀬沼が今季初ゴールを記録。その後はジェフ、矢澤(先制される前)、水野、オナイウと攻撃のコマを投入するも難攻不落を崩せず1点差負け。スカパーで観戦していたが、愛媛びいきな解説に引っかかり感じていたが、結果も多いに引っかかりを残した。次の相手は磐田でこれも難戦が予想される

 次節26日(日)16時、磐田戦@フクアリ

ハイライト映像

football-lab


千葉

      森本 
    
 田中  ペチュニク  井出  
(↓谷澤)     (↓水野)
   パウリーニョ 佐藤勇
中村      (↓オナイウ)金井
    大岩 キム・ヒョヌン
         
       高木
posted by nyony at 11:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

バルサがバレンシアに苦戦もホームで勝利

■■04.18 リーガ・エスパニョーラ Round32■■
Barcelona○2vs0●Valencia(Camp Nou)
[goal]Barcelona:51スアレス 90メッシ

 バルサが難戦を制した。前節まで首位のバルサと4位につけるバレンシアの戦いは、ボールポゼッションでバルサが上回るもバレンシアの効果的な攻めが目立って、バルサ苦戦の様相。しかし先制はバルサで開始直後、ブスケスがメッシにスルーパス、メッシは位置をスイッチし右深く流れたスアレスに送りスアレスはそのまま流し込んでゴールゲッツ。前半はバルサ攻め込まれる場面も多く、一時はPKをとられるもこれはGKブラボが抑えて失点ならず。後半に入りだいぶバレンシアの攻勢も収まってきたがバルサ側も崩しきれずにいた所、最後ロスタイム、バレンシアが総攻撃で全員が上がっていた所、一本のパスが前線のメッシにわたりキーパーとの1対1を制してゴール。メッシはバルサでの通算400ゴールのメモリアル

 バルサ次戦は25日(土)、エスパニョール戦アゥエイ

順位表

バルセロナ

  ネイマール  スアレス  メッシ
        (↓ペドロ)
      シャビ   ブスケツ
    (↓セルジ・ロベルト)
       マスチェラーノ 
アドリアーノ           D・アウベス
(↓ラキティッチ)ピケ マシュー
   
         ブラボ   
posted by nyony at 10:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

田中がまたも加入直後アシスト

■■04.11 J2 第7節_ジェフ千葉_結果■■
千葉○2vs0大宮(フクアリ)
[goal]千葉:77 80井出
〈田中がまたも加入直後アシスト〉
 
 ジェフが今季2度目2連勝で首位浮上。相手はJ1から降格組大宮が相手で、なかなか点が奪えなかったものの、後半32分に井出がゴールし先制。さらにその3分後に井出が2点目を決めて勝負を決めた。1点目の井出の得点は矢澤との交代で左サイドに入った田中のクロスを井出がゴール前で微妙にコースを変えてゴールインさせたもの。田中は前節でも交代加入直後にペチュニクのゴールをアシストしており殊勲が光る。今シーズン、交代でしか出てないがほぼ毎試合出場しており監督の信頼は厚い。
 点が入るまでは中盤での削り合いで消耗戦となっていた。今シーズン、ジェフの中盤の底で攻守の「要」の役割を果たすパウリーニョが前半の終わり頃相手との接触で足を痛めており。さらに大宮は後半はじめよりペースを上げきていて押され気味だった所で11分に右サイドバック北爪に代わり金井を投入、さらに田中を26分に投入していた。井出はこれまであまり結果が出てなかったが、ここに来てブレイク。

 次節19日(日)16時、愛媛戦@ニンスタ

ハイライト映像

football-lab


千葉

      森本 
    (↓佐藤健)
 谷澤    井出  ペチュニク   
(↓田中)    
    パウリーニョ 佐藤勇
中村            北爪
    大岩 キム・ヒョヌン(↓金井)
         
       高木
posted by nyony at 11:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

水たまりピッチで奮闘す

■■04.05 J2 第6節_ジェフ千葉_結果■■
京都●0vs2○千葉(西京極)
[goal]千葉:15キム・ヒョヌン 54ペチュニク

 ジェフが巨悪コンディションに立ち向かい難戦を2-0でものにした。スタジアムはアゥエイ京都西京極、そぼ降る雨により次第にピッチは水たまり状態に。開始直後は京都ペースで進行。京都の布陣はFW大黒に昨季までジェフのセンターバック、重鎮として君臨してた山口智がいて難敵。しかし先制はジェフで15分、セットプレイからのキム・ヒョヌンの得点。右サイドゴールからは遠め、中村のフリーキックが相手キーパーに到達しそのこぼれを詰めてたキムがゴールした。その後はジェフが運動量を武器に優位な展開を進める。4日前のセレッソとの死闘の疲れを感じさせないパフォーマンスで守っては前へ前へと攻めた。後半は7分に井出をあきらめて代わりに田中を左サイドに投入。矢澤を右にスイッチさせるとこの交代がいきなり的中。左サイドで高速ドリブルで持ち上がった田中が中央へフィード、待ってたペチュニクが頭で合わせて今シーズン4点目のゴールを決めた。ただいまジェフの得点王といよいよ本領発揮のペチュニク。その後はピッチは泥仕合ならぬ水遊び状態となり消耗戦と化したが守りきってアゥエイで貴重な勝ち点3ゲッツ

 次節11日(土)15時、大宮戦@フクアリ

ハイライト映像

football-lab


千葉

     ペチュニク 森本 
        (↓田代)
 谷澤           井出
(↓オナイウ)    佐藤勇(↓田中)
    パウリーニョ
中村            北爪
     大岩 キム・ヒョヌン
         
       高木
posted by nyony at 10:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 15FOOTBALL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする