2013年07月30日

『半沢直樹』。怒濤のヒーロー像

半沢直樹(TBS系)
脚本:八津弘幸 演出:福澤克雄、棚澤孝義
13.0729hanza.jpg★★★★☆

 TBS日曜劇場で『半沢直樹』。池井戸潤原作小説のドラマ化で、堺雅人主演、ヤルかヤラれるかの企業内ゲバもの。バブル期に入社し、メガバンクの融資課長となった半沢が、上司である支店長の出世の踏み台として巨額融資先遁走の責任をなすり付けられ絶体絶命の危機を迎える成り行き。半沢は町工場の経営者だった父が銀行により自殺に追い込まれたことを原動力として、因縁ある当の銀行へと入社。当初から頭取になると豪語し、曲折を乗り越え出世していく過程。出る杭、半沢への上司らの妨害行為ハンパ無く。半沢はこれらの圧力を糧に「倍返しだ」と持ち前のバイタリティと機転で形勢逆転へと突き進むヒーロー像。とことんまで追いつめられ、そこからはい上がるしぶとさや、悪漢上司らへは啖呵を切り、同僚や部下、妻へは一転優しい表情を見せる2面性が真骨頂。
 全10回、うち3回まで進み、今クールNo.1の視聴率22.9%を獲得(瞬間最高27.7%)で人気上々。確かに最近のドラマでは珍しく次が待ち遠しいと思える力作

official

facebook
posted by nyony at 09:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック